ここから本文です

吸血鬼ドラキュラ (1958)

DRACULA/HORROR OF DRACULA

監督
テレンス・フィッシャー
  • みたいムービー 12
  • みたログ 157

3.90 / 評価:49件

ダンディズムとエロティシズム

  • カナボン さん
  • 2010年9月2日 22時35分
  • 役立ち度 15
    • 総合評価
    • ★★★★★

いよいよベニチオ版ウルフマンDVDの発売ですね。劇場公開時より約10分長いディレクターズカット、こりゃ是非とも買いです。
そこで今日は「ウルフマン」発売を祝って、狼男のライバルであるこの有名なモンスター映画について書かせていただきます。

今日のお題目は「吸血鬼ドラキュラ」です。

ホラーの名門、英国ハマー・プロの名を知らない映画ファンはいらっしゃらないでしょうね。戦前のユニヴァーサルクラシックホラーのリメイクで次々とヒット作を飛ばしていたホラー・ミステリー系映画の大御所。そのハマー・フィルムの第2作目が本作でした。

さて3大モンスターの中で私が一番好きなのはやはりドラキュラ伯爵です。何と言ってもこの映画が多分私が初めて出会ったドラキュラ映画、そのインパクトはかなり大きかったのですよね。
ドラキュラ役者としてはユニヴァーサル時代のベラ・ルゴシが有名。その他にも近年のコッポラ版のゲイリー・オールドマンなど数多くの俳優がこの永遠の吸血鬼を演じてきました。でもうちらの世代じゃやはり№1ドラキュラ役者はダントツでクリストファー・リーでしょうね。

ドラキュラ伯爵はクリストファー・リーの代名詞ともなってしまいました。それまでのルゴシのドラキュラ像を全く描き変えてしまったわけです。本作によってリーはあっという間に怪奇スターの地位を確立しました。実はハマーの第一作「フランケンシュタインの逆襲」でもその長身を活かしてモンスター役を演じていたのですが、熱演はしていてもかのボリス・カーロフのイメージを覆すまではいきませんでした。

フランケンシュタインも狼男も素顔が全くわからないほどのメイクが必要になります。端的に言えばメイクの出来次第で怖さが決まる。しかしこの2体と違ってドラキュラは特殊メイクではありません。言ってみれば俳優の表情がダイレクトに役作りに反映される。だから紳士然としていたドラキュラ伯爵が次の瞬間、悪鬼の如く般若顔になる、このリーの演技力が花開いた作品でもあるのです。
ハマー・プロのトップスターと言えば本作で宿敵ヴァン・ヘルシング教授を演じたピーター・カッシングです。「フランケンシュタインの逆襲」ではDr.フランケンシュタインを演じていました。本作でも主役のドラキュラ伯爵を抑えてファースト・クレジット、でもこの映画で台頭したリー、遂にカッシングと並ぶ名門ハマー・プロの2大怪奇俳優としての地位を手に入れました。

3大モンスターは現在に至るまで映画化され続けています。中でも最もドラキュラは多い。何故これほどドラキュラは人気があるのでしょうか。
まず一つは先ほども述べたとおり、俳優の生の表情が生きてくるということ。他の2体に比べて現実感があるのです。そして第2にカッコいいということ(笑)。ハッキリ言ってフランケンシュタインや狼男がカッコいいという人はあまりいないと思います。それに比べリーの長身のドラキュラのカッコいいこと!お馴染みの黒マント、音も立てず宙を滑るように歩く伯爵の姿一つ取っても、ユラユラギクシャク歩くフランケンや、唸り声を挙げて四足で走る狼男とは雲泥の差(笑)。

そして最も重要な要素、それは性的な雰囲気だと思います。ハッキリ言えばエロ。ドラキュラの毒牙にかかるのはいずれも肉感的な美女なのです。それも今にも胸がはだけそうなネグリジェ姿というのが定番。色男ドラキュラ伯爵、決してお多福は相手にしない。その白い首に伯爵が齧りつく。このシチュエーションはセックスに直結するのです。狼男やフランケンには襲われたくなくても、ドラキュラになら噛まれてもいいという女性は案外多いのでは。何と言ってもドラキュラはダンディだものね。これはルゴシ時代から今に至るまで一貫している。ドラキュラが悪鬼であることに異存ある方はいないでしょう。でも男としては意中の美女が自分にメロメロになっており、それを征服するドラキュラに憧れに似たものを感じる。ドラキュラが男女共に人気のある理由はこんなところから来ているのかも知れません。だって他の2体は最もダンディズムとはかけ離れた存在だものね(笑)

そんなドラキュラ像を完璧に自分のものにしたクリストファー・リー、彼の演技は壮絶の一言。名匠テレンス・フィッシャーの怪奇映画特有の抜群の雰囲気作りの演出も見事。ヘルシングとドラキュラのラストの一騎打ちは今見ても最高の出来。今尚、吸血鬼映画の最高峰として君臨し、多くのファンを持つ映画だということも納得できる。

暑い夜がまだまだ続きます。寝苦しい夜、ドラキュラに噛まれてみませんか・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ