ここから本文です

吸血鬼ドラキュラ (1958)

DRACULA/HORROR OF DRACULA

監督
テレンス・フィッシャー
  • みたいムービー 12
  • みたログ 157

3.90 / 評価:49件

正統派ゴシックの香り

  • オーウェン さん
  • 2010年11月9日 9時11分
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

あまりにも有名すぎるドラキュラをカラー版で。
その試みは大成功であり、何よりクリストファー・リーとピーター・カッシング。二人の適役を揃えたことで、その迫力は何倍にも増した。

基本はヴァン・ヘルシング教授とドラキュラ伯爵の対決になるだろうが、そこに至るまでにドラキュラの弱点だとか、噛まれた女性のその後だとかもきっちり描写されていて抜かりが無い。

古典的作品であるのでドラキュラが十字架やにんにく。太陽の光に弱いところはしっかりと受け継いでいる。
それを踏まえてのラストの死闘は迫力あった。
今見るとドラキュラの去り際などかなりチープなのだが、それが逆に時代を感じさせて興味深い。

カッシングは抑え目ながらも、ドラキュラの姿を見るとその圧倒的な力に為す術なし。
そしてリーの瞳孔が開き、口の牙から滴り落ちる血。インパクト大な画はまさにドラキュラ俳優の面目躍如。
ホラーを語る上で見逃せない作品なのは間違いない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ