ここから本文です

恐怖省 (1944)

MINISTRY OF FEAR

監督
フリッツ・ラング
  • みたいムービー 13
  • みたログ 47

4.27 / 評価:15件

自由諸国の母の会

  • 一人旅 さん
  • 2012年4月12日 23時27分
  • 閲覧数 406
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

フリッツ・ラング監督作。第二次大戦中のロンドン、精神病院を出たばかりのニール(レイ・ミランド)は偶然ナチスのスパイグループの陰謀に関わってしまう。ロンドン警察とスパイ両方に追われながら、真実を暴き身の潔白を証明しようと奔走する・・・。ヒッチコックばりの巻き込まれ型サスペンスという印象。降霊会でコストを殺した犯人は誰なのか?ケーキに隠された秘密とは一体何なのか・・・?謎がいっぱいあって、しかも最後まで真実が明らかにならないから気を抜けない。まさかのどんでん返し要素も用意されていて見応え十分だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ