レビュー一覧に戻る
恐怖の振子

恐怖の振子

THE PIT AND THE PENDULUM

85

car********

5.0

低予算映画と侮るなかれ

ファン1人?おっかしいなぁ。 そんなはずないんだけど。 荒々しく砕ける波に囲まれた古城が 映し出されるオープニングからして最高。 決してリアルなわけじゃないですが、 出来の良すぎるCGよりも余程雰囲気があります。 古城の過去を振り返る回想シーンの青く歪んだ映像も、 ゴシックの雰囲気漂う異様なムードを増幅し、 なんともいえずカッコイイです。 そしてなんといってもあの 宇宙的な広がりを感じさせる振り子の部屋! クライマックスでの 緊張感のあるカメラワーク。 そしてもちろんヴィンセント・プライス! どこをとってもほぼ完璧。 ・・・と思うのは趣味の偏った 一部の人だけなのかもしれないけど、 私からしたら 間違いなくお奨めできる傑作!です。 ホラーとひとくちに言っても、 サスペンス的なものから スプラッタまでありますが、 どんな好みの人でも ホラーが好きなら楽しめるんじゃないかなー。 古い作品だからと敬遠している人にもお奨め! ★★★以下 ネタバレあり★★★ 上品でお人好しのおっさんから 狂気への一線をこえる瞬間の ヴィンセント・プライスはもちろんですが、 (この一線を超える瞬間にある表情が 「微笑み」という演出は最高ですね) 私が好きなのは、 彼が地下室へ招き寄せられていくシーン。 最初は風の音のようにも聞こえる妻の呼び声が、 突然叱咤するような調子に変わるタイミングが絶妙だし、 蜘蛛の巣が顔にかかるのも意識しないまま、 取り憑かれたように進むところ、大好きです。 蜘蛛の巣って、ハタからみてるよりずっと 顔とかにつくと気持ち悪いんですよね~。 あー気持ち悪。 唯一この映画にケチつけるとするなら、 ジョン・カー演じるお兄さんが 無表情すぎるところかな。 振り子の場面で、あの仏頂面が 大げさに血走った目を剥いて怖がってくれたら さらに強烈な印象になったんじゃないかと思います。

閲覧数559