恐怖の岬

CAPE FEAR

106
恐怖の岬
3.7

/ 64

20%
44%
28%
5%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(23件)

不気味24.6%恐怖24.6%勇敢10.5%パニック8.8%絶望的8.8%

  • oce********

    4.0

    ストーカーの走り

    デニーロが狂気のストーカーと化した「ケープ・フィアー」のオリジナルの方。 自身が裁判で敗訴したことで恨みを持つケイディ。 弁護士のボーデンとその一家を付け回すため服役を終えて戻ってくる。 登場時から危うい雰囲気を醸し出すロバート・ミッチャム。 元々ガタイが大きいうえに度々裸になり筋肉を見せつける。 追われる側のグレゴリー・ペックは対策を立てるもほとんど通じず。 こういう作品の場合、やられる側が苦境に陥るのは避けられない。 ラスト決着がつくのは岬であるが、リメイク版とほぼ同じ進み方。 どちらであっても、目立つのはやはり犯人側なのはしょうがない。

  • tot********

    4.0

    サスペンススリラーとして秀逸・・・

    出所したR・ミッチャムが、有罪証言をした弁護士G・ペックに復讐をする、というお話。復讐は弁護士の妻・娘にまで及ぶ。不気味にじわじわと、幸せな一家を恐怖のどん底に追い込んでいく。何も悪いことをしていないのに逆恨みをされ、ストーカーのようにしつこく付きまとわれる恐怖の描き方は秀逸。「狩人の夜」で見せたような不気味な悪役をR・ミッチャムが好演。警察署長にM・バルサム、私立探偵にT・サバラスと共演陣も豪華。音楽はヒチコック作品でもお馴染みのB・ハーマンだが、この人の音楽はあまり好きではないので印象には残らなかった。ツルツル頭ではないT・サバラスは初めて見た。

  • le_********

    5.0

    ネタバレ著名男優二人が主役の贅沢なサスペンス

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • o********

    4.0

    シンプルなサイコパス映画

    得体が知れているものに 追われざるをえないっていうのも 精神的にきついものだな。 緊迫感あるなかで、 奥さんと娘の演技が大袈裟で 興ざめしてしまったのが残念。 ラストも あれ?!これでおわり?!となる 物足りなさは残るかも。 グレゴリーペックがかっこいいから 最後まで観れる映画。

  • msa********

    4.0

    ネタバレストーカー防止法がない時代

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


グレゴリー・ペックサム・ボーデン
ロバート・ミッチャムマックス・キャディ
ロリ・マーティンナンシー・ボーデン
ポリー・バーゲンペギー・ボーデン
テリー・サヴァラスチャールズ・シーヴァース
マーティン・バルサムマーク・ダットン警部
ジャック・クラスチェンデイヴ・グラフトン
バリー・チェイスダイアン・テイラー
ポール・コミガーナー

基本情報


タイトル
恐怖の岬

原題
CAPE FEAR

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-