レビュー一覧に戻る
恐怖の岬

恐怖の岬

CAPE FEAR

106

oce********

4.0

ストーカーの走り

デニーロが狂気のストーカーと化した「ケープ・フィアー」のオリジナルの方。 自身が裁判で敗訴したことで恨みを持つケイディ。 弁護士のボーデンとその一家を付け回すため服役を終えて戻ってくる。 登場時から危うい雰囲気を醸し出すロバート・ミッチャム。 元々ガタイが大きいうえに度々裸になり筋肉を見せつける。 追われる側のグレゴリー・ペックは対策を立てるもほとんど通じず。 こういう作品の場合、やられる側が苦境に陥るのは避けられない。 ラスト決着がつくのは岬であるが、リメイク版とほぼ同じ進み方。 どちらであっても、目立つのはやはり犯人側なのはしょうがない。

閲覧数263