レビュー一覧に戻る
恐竜グワンジ

恐竜グワンジ

THE VALLEY OF GWANGI

96

カーティス

4.0

カウボーイVSダイナソー

西部劇と怪獣映画が合体したような、異色の特撮映画。太古の生物がいまなお生息する禁断の谷を舞台に、恐るべき肉食恐竜グワンジとカウボーイたちの戦いを描いています。ストーリー自体は超王道の怪獣映画なのですけど、西部劇ならではの見せ場が多くてなんだか新鮮でした。(投げ縄でグワンジを倒そうとするシーンとか、馬に乗ったカウボーイとグワンジの追いかけっことか)怪獣映画のような重厚なメロディと西部劇のような軽快なメロディが組み合わさったテーマ曲がけっこう耳に残ります。 一番の見せ場はなんといってもレイ・ハリーハウゼンが手がけるストップモーションアニメ!リアルな動きをする小馬や象から、空を舞う翼竜に、ダイナミックに動く恐竜まで、姿形も動きもバラエティ豊かでとても楽しめました。 とくにグワンジは良かったですね。常にせわしなく動かすことでどう猛な性格を見事に「表現していました。投げ縄で捕らえられたり、象と戦ったり、聖堂の中で主人公と戦ったりと、印象的な見せ場が多かったのも好印象。 キャストも良いですし、話のテンポも良く、なおかつ見せ場も多いので、出来の良さならハリーハウゼン作品の中でも上位にくる作品なのではないかと思います。

閲覧数635