恐竜100万年

ONE MILLION YEARS B.C.

100
恐竜100万年
3.3

/ 46

9%
35%
37%
15%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(20件)

セクシー23.4%勇敢14.9%スペクタクル14.9%楽しい10.6%ファンタジー8.5%

  • aki********

    4.0

    Rウェルチのパーフェクトボディが○

    恐竜100万年。 まもなく還暦の私が小学生の頃、民放でよく放映、再放映されていました。あの頃はふむふむ100万年ねー、と素直に理解してました。 が、恐竜の時代って中生代で、白亜紀の末に絶滅したはず。6500万年前。 なので、人間と恐竜が共存できる時代はなかったはずなんだけどなぁーと、無駄にツッコミをいれたくなります。 映画にラスコーの動物壁画っぽいのがでてきますが、あれは2万年前ぐらいのクロマニヨン人だったはずなので、かなーり時代を飛び越えてます。 でも、いいんです。こういう設定にしないと娯楽映画は作れませんしね。 そして、何よりもRウェルチの美ボディーが良い。 ちゃんとマスカラしてるし、髪もヘアードライヤーで整えてるし、ビキニばりの原始人衣装着てるし。 やっぱ、ウェルチ、ウルスラ・アンドレス、ボー・デレクが、B級映画肉体女優ビッグ3でしょうか??

  • 柚子

    2.0

    ハリーハウゼン

    えっ?恐竜と人間が、共存してる! してたかも?という設定のもと、狂暴黒髪族の男が、村から脱出、平和金髪族の人々に助けられ、人間らしくなっていく 『はじめ人間ギャートルズ』の、実写化だと思えば、ちょっと楽しい(^_^;) 原始人の、超絶おっぱいブロンド美女の、化粧に違和感 ハリーハウゼンの特撮を、堪能するのみ 話しは戻るが、『はじめ人間~~』の、ドテチンってのは、何者なのか? 本作にも、ドテチンみたいなのが、たくさんいた(笑) いつか人間になる生き物なのかな? だったら、進化してくれそうで、安心なんだけど…(^_^;)

  • kak********

    3.0

    石器時代へタイムスリップして見る光景とは

    ホラー映画を多く手掛けたイギリスのハマー・フィルム・プロダクション制作。 監督は、特撮で有名なレイ・ハリーハウゼンの代表作「アルゴ探検隊の大冒険」で監督を務めたドン・チャフィ。 物語は、あるようでない。 誰も見たことがない石器時代が舞台で、誰も見たことがない風景と恐竜達に混じって原始人が生活する様子が描かれて行く。 主演は、「ミクロの決死圏」で注目され、「20世紀最高のグラマー」と賞されたラクエル・ウエルチ。だから言うわけではないが、石器時代であろうが現代であろうが、恐竜より彼女の方が目立ってしまっている。 同様な女優で思い浮かぶのは「007 ドクター・ノオ」で初代ボンドガールを務めたウルスラ・アンドレス。彼女もグラマー女優として有名だが、知名度を上げたのは海から現れるシーンで007ファンなら誰もが知っているに違いない。 本作品の共演者は、その007シリーズに関わる話題も多い。 先ず、マルティーヌ・ベズウィックは、「007 ドクター・ノオ」でタイトルバックで踊る女性の一人でシルエットのみ参加している。その後、「007 ロシアより愛をこめて」ではジプシー役、「007サンダーボルト作戦」では連絡員役と3度も関わっている。 次に、ロバート・ブラウンは「007 オクトパシー」でMの役を務めている。 また、ジョン・リチャードソンは007シリーズのボンド役の候補に上がったこともあるし、前述のマルティーヌ・ベズウィックとは私生活で一時結婚していたこともある。 話は本題に戻るが、本作品は1940年の「紀元前100万年」のリメイクである。特撮はストップモーションで知られるレイ・ハリーハウゼンで、一連の作品同様 恐竜の動きは現代でも見応えがあり色あせない出来である。 タイムスリップして石器時代を覗いてみたい人にお薦めできる格好の作品で、しばし原始時代に浸ってみれば現代の良さも見えてくる気がする。

  • スーザン

    3.0

    原始人ラクウェル・ウェルチの濃い化粧。

    ハリーハウゼンの特撮を・・・と思って観ても、ラクウェル・ウェルチにばかり気を取られる作品です。 毛皮ビキニが必見。 お話はというと、原始人達の小競り合いばかり見せられて(しかも台詞ナシ)うんざりする内容。 それでも時折挟まれる恐竜の特撮は観る価値大いにあり! まあ、恐竜何よりラクウェル・ウェルチの映画であることは間違いないが・・・。

  • カーティス

    2.0

    恐竜は素晴らしいんだけど…

    ハリーハウゼンの熟練した技が光る恐竜映画。精巧なモデルが生き生きと動く姿は今見ても魅力的。とくにアロサウルスが村を襲うシーンは秀逸で、リズミカルなアロサウルスの動きが癖になります。 ただ作品自体は面白いとはいいがたいです。2つの種族の交流と、種族内の争いを描いた物語ではあるのですが、起伏に欠けている…だけならまだしも、台詞がないので見ているうちに飽きてきてしまいます。 恐竜のシーンはさすがに盛り上がりますが、作品自体はあくまで石器人たちのドラマを描いたもので、恐竜たちはどちらかといえば添え物のような扱いなので、恐竜目当てで見ると肩すかしを食らいます。 一応お色気要素もあるのですが、今の眼で見ると話しのつまらなさを補えきれていない感じです。 ハリーハウゼン目当てで見てもちょっとキツかった作品。恐竜はホントに素晴らしいんですけどね

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
恐竜100万年

原題
ONE MILLION YEARS B.C.

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日
-