巨星ジーグフェルド

THE GREAT ZIEGFELD

177
巨星ジーグフェルド
3.7

/ 21

29%
29%
33%
5%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(11件)

ゴージャス40.9%楽しい22.7%かわいい9.1%コミカル9.1%笑える4.5%

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    3.0

    36年度オスカー作品賞主演女優賞作品

    ハリウッド史上に燦然と輝く名作という事で有名な作品。 でも、映画プロデューサーの半生、って言われても「アビエーター」にしても「ラストタイクーン」にしても庶民の我々からすると非現実過ぎてピンと来ないのが正直なところかなあ。 ディズニーランドパレードの原型は既に100年前からあるんだ〜、というのが庶民的な感想でした。

  • kak********

    3.0

    ブロードウェイの興業王の半生を描いた映画

    1932年に亡くなったブロードウェイの興業王フローレンツ・ジーグフェルドの半生を没後4年経った1936年に映画化した作品。 当時としては、豪華絢爛なショーも、今見ればラスベガスのショーほどインパクトはないかもしれない。興味深いのは、1893年のシカゴ万博のシーン。今の万博とは違って、サーカスや遊園地で見られるショービジネスの世界が繰り広げられている。主人公もそんな環境からスタートして一時代を築いたのだ。 主演は、「ミスタア・ロバーツ」の出演を最後に事実上引退したウィリアム・パウエル。本作品が代表作の一つで、「影なき男」シリーズでも知られている。共演は、最初の妻を演じたルイーゼ・ライナーと二番目の妻を演じたマーナ・ロイ。 ルイーゼ・ライナーは本作品と翌年の「大地」で二年連続アカデミー賞主演女優賞を獲得している。マーナ・ロイは「影なき男」シリーズでもウィリアム・パウエルと何本も共演して当たり役となっている。 興業王になるまでの道のりは平坦ではなく、不評なら破産の危機だし、成功すれば一攫千金も夢ではない世界で、その裏側が垣間見られる。当時のショーが再現されていて、歴史的価値がある作品に仕上がっている。

  • gag********

    4.0

    ショーが最高

    冒頭の怪力ショーから惹きつけられたな〜。 340kgはさすがにないけど(笑)巨大なダンベルみたいなのに乗せた女性二人を持ち上げてしまう腕力は凄いな〜! その後も色んなショーを観れるけれど、やっぱりショーのシーンは全体的に惹きつけられるね! タップダンスのシーンとかも好き。 やっぱりミュージカルとかショーの シーンなんかがあったりすると長尺でも、それ程長く感じないなあ。

  • e_s********

    5.0

    キング・オブ・ブロードウェイ♪

    今のミュージカルの基礎を作った人が、ローレンツ・ジーグフェルド氏。 元々、ブロードウェイは、レヴュー(ショー)を、見せる所から、歌とダンスに、演劇を組み合わせるミュージカルへ変化させた。 当時は、一大センセーショナル! それでも、本作の一番の見所は、ミュージカルになる前の壮大なレヴューで、特に、中詰めのデコレーションケーキのような巨大セットで、歌い踊るレヴューは圧巻! (1カットで、撮り切ったらしい!凄い!) ジーグフェルド氏は、とにかく、無類の女好き。 プレイボーイだからこそ、次々と才能ある美女を自分の手元で育てることができた。 才能を開花させると、すぐ次に気がいくため、次々と女性が捨てられることになる悲劇も… その生き方は、破天荒すぎて、破産の繰り返し… 更に、世界恐慌が襲い、身の破滅を招くが、その生き方は、徹底していて、天晴れとしか言いようがない。 カラーで、レヴューシーンが見たいです(^^*)

  • mor********

    5.0

    贅沢な映画

    当時のミュージカルでも最高のレベル、キャスト 演出も豪華です。 ルイーゼライナーは本作品と「大地」でオスカー受賞しています。 (「グレートワルツ」もなかなかの秀作) 傑作のミュージカル映画の1本に入れてもよいと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第9回

作品賞主演女優賞ダンス監督賞

NY批評家協会賞第2回

女優賞

基本情報


タイトル
巨星ジーグフェルド

原題
THE GREAT ZIEGFELD

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル