去年の夏 突然に

SUDDENLY, LAST SUMMER

114
去年の夏 突然に
3.3

/ 16

13%
31%
38%
13%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(10件)

不気味17.4%恐怖17.4%知的13.0%悲しい8.7%セクシー8.7%

  • ********

    5.0

    三人称で正気を保つ

    1959年。ジョセフ・L・マンキウィツ監督。死んだ詩人の母親(キャサリン・ヘップバーン)はロボトミー手術で有名な精神外科医(モンゴメリー・クリフト)に姪(エリザベス・テイラー)の手術を依頼する。しかし姪の狂気を疑った医者は息子の死の真相を知ろうとする、という話。「女性の狂気のなかには真実が隠れている」というフロイトさんが知ったら大喜びしそうな題材。母と息子の隠微な関係やあと一歩で同性愛という詩人の描き方、「肉」としての人間と「精神」としての人間という対比など、なにやら精神分析めいた装いに事欠かない映画です。 しかしすばらしいのは、姪のテイラーの語り。詩人の言葉を引用し、自分の日記を引用する。とくに真実を回想するラストの場面では、画面の半分に語る彼女の顔があり、過去は残り半分に無音で映っています。焦点を失った彼女の視線とともに過去が語られる。過去と現在の語りにおける共存。レイプされて人間不信に陥ったという彼女はその傷から回復する時に三人称で日記を書きはじめたというのだから、引用=「語り直す」ことは彼女が生きることそのものなのです。狂気だと決め付けられる彼女は三人称で語り直すことで正気を保つ。もちろん、マンキウィッツ監督の作家的なこだわりが「声」にあるのはどの映画を観てもわかりますけど。(この映画ではヘップバーンの登場も「声」から。しかも天井からの) 真実を追求するというモンゴメリー・クリフトの瞳が、焦点が定まらずどこを見ているのか分からないほど薄いのも注目。まっすぐに焦点を定めた濃い瞳では真実は探れないのです。その目で「真実に抵抗するのはやめなさい」とテイラーに語りかけるとき、彼女に抵抗する力がないのもうなづけます。

  • kit********

    3.0

    ネタバレ100万ドルは?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gol********

    5.0

    瞠目

    初めて見たときは子供でよくわからなかったがとても怖かった。そのずっと後に見た時、筋は何となくわかったけどやっぱり怖かった。でもまた見たくなった。こんな妙な震えがくる映画はこれ以後も見たことはない。

  • sou********

    4.0

    誰か教えて!!!

    ふとキャサリン・ヘップバーンが目に止まって、これ一体どうゆう話なんだろうと思いながら鑑賞。 最後まで見ても、ストーリーはよくわからなかった。 なぜ彼は死ななければならなかったのか、誰か私にわかるように教えてーーー。 舞台劇のような、仰々しい長い台詞。覚えるの大変だろうなあ。 エリザベス・テーラーは、綺麗でムチムチ。今風のパーフェクトなスタイルじゃないけど、本物っぽくて色っぽい。 キャサリン・ヘップバーンは、大金持ちで狂信的で傲慢な婦人を見事に演じてました。「黄昏」の明るくてかわいい奥さんとは大違い。 どちらももの凄い迫力。圧倒されました。 ストーリーもよくわかってないくせに褒めるのも気が引けますが、なんだろうどうなるんだろうと引き込まれて見たし、迫力に圧倒されたので、星4つ。

  • gre********

    3.0

    ネタバレ去年の夏突然に

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ゴールデン・グローブ第17回

女優賞(ドラマ)

基本情報


タイトル
去年の夏 突然に

原題
SUDDENLY, LAST SUMMER

上映時間

製作国
アメリカ/イギリス

製作年度

公開日
-

ジャンル