ここから本文です

上映中

去年マリエンバートで (1960)

L' ANNEE DERNIERE A MARIENBAD/L' ANNO SCORSO A MARIENBAD/LAST YEAR AT MARIENBAD/LAST YEAR IN MARIENBAD

監督
アラン・レネ
  • みたいムービー 149
  • みたログ 256

4.28 / 評価:78件

彼らの行きつく先は

  • cozIlive さん
  • 2019年10月28日 14時03分
  • 閲覧数 941
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

豪華な館で繰り広げられる男2人と美しい女のお話で、この3人はとても表情が乏しい。特に女性は生きてるのを忘れたかのようだ。ポーズひとつ大変画になる。でもとても気だるそう。この美しい女に言い寄る男は、どこに行っても壁ばかり、みたいなことを繰り返し言ってたけど、障害のある恋なのかな?など考えた。「夫らしき男」と紹介されてた容姿がデビル的な男、彼が夫なのか。なるほどねー納得。
言い寄る男は夫らしき男と、ゲームを興じてたけど全然勝てない。一勝も出来ない。恋も勝ち目がないんでしょうね。
言い寄る男は美しい女に「去年お会いしましたよね?」と幾度も尋ねるけど、女は覚えてないし、むしろ初めて見たかのような態度。女は男の記憶を封印してたのだろう。夫らしき男が射的に興じるとき、美しい女は記憶を取り戻したように見えた。夫らしき男は言い寄る男を銃で殺していたかもしれない。
じゃあ今の言い寄る男はだあれ???
最後美しい女は意を決して、言い寄る男と同じ方向をみつめ歩いて屋敷を出ていく。夫らしき男が見送ってたけど、結ばれた2人は無表情で全然幸せそうじゃない。行きつく先は天国なのか、地獄なのか。。。

細かいことは、よくわからないけれど、映画館で観れて本当に良かったなあと思いました。なんて美しい作品なんだろう。
リンチの「マルホランド・ドライブ」はとても影響を受けてるとも思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ