ここから本文です

アイガー・サンクション (1975)

THE EIGER SANCTION/ASSASSINIO SULL'EIGER

監督
クリント・イーストウッド
  • みたいムービー 33
  • みたログ 572

3.11 / 評価:251件

殺し屋で美学の教授なんて最高

  • kinchan3 さん
  • 2016年5月19日 16時23分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

「先生の試験で失敗しそうです 講義はすばらしかったけれど 先生の試験は難しすぎます」
「当然さ」
「手心を加えてくれるなら何でもします お望みどおりに」
「分かって言ってる?」
「…」
「今夜 予定は?」
「何も」
「部屋は?」
「今は私1人です」
「いいぞ じゃ 部屋に戻って 本を広げて猛勉強しろ 平均"B"を取る近道だ」

 というのはどの映画だったか忘れていたが、放送で思い出した。
 まあ、僕なら誘惑に負けてしまいそうだけど。

 ピサロの絵が買えるなんて、羨ましい。
 殺し屋の才能があれば、最高の手に入れ方だ。
 だって、一つ一つの絵画に自分のストーリーまでついてくる。
 
 ということで、羨ましい話でした。
 そうそう、わかりにくいかもしれないけれど(かといって解説するのは野暮だ)、アイガーの中にユングフラウ鉄道が通っていて、そこからアイガーの側面に出ることができるのだ。
 
 家族を連れて冬に行ったけれど、快晴で暑かったのを思い出した。
 ごめん、ただの自慢です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ