ここから本文です

霧の中の風景 (1988)

TOPIO STIN OMICHLI/LANDSCAPE IN THE MIST

監督
テオ・アンゲロプロス
  • みたいムービー 83
  • みたログ 296

4.22 / 評価:99件

銀河鉄道に乗った姉弟

  • ほつれ さん
  • 2021年4月8日 14時35分
  • 閲覧数 66
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

父の顔も知らぬギリシャの少女は幼い弟の手を引いて、父がいるというドイツを目指し、無賃乗車で国際特急に乗る。警察に捕まるが、突然のどか雪に感動して時が止まったように動きを停止した大人たちの間をすりぬけ脱出し旅を続ける。

子供たちの目から見た大人の世界。大人たちは時々ほうけたように等間隔に棒立ちになり意味の分からぬせりふを吐く。
大人たちは、旅の手助けをしてくれたり、残酷だったり、陽気だったり、陰鬱だったり。
大人は大人のルールで動いているのであろうが、時には利己的だったり、時には幼稚っぽかったりで、大人のすることなど子供には到底理解できない。とにかく汽車に乗り続け国境を目指し、国境の川を越えて父の待っている向こう岸に行くのだ。父と子供たちのいる幸せの世界に。おとぎの世界に。

2時間の映画だが、4時間くらいに感じた。ずっと曇り空で気が晴れない。海岸についてもそこにも太陽はない。不安定で不思議な感覚を引き延ばされ、それはそれでほのかに楽しい気持ちもするのだが、あるはずのないゴールを目指し旅に連れ添うのが段々辛くなってくる。
映画が終わった後、無性に現実の太陽と青空を見たくなった。

まとめ:成長のむずむず感。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ