ここから本文です

ギルダ (1946)

GILDA

監督
チャールズ・ヴィダー
  • みたいムービー 13
  • みたログ 69

3.38 / 評価:13件

R・ヘイワースのファンでなくても・・・

  • tot***** さん
  • 2013年3月20日 22時32分
  • 閲覧数 752
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

R・ヘイワースの映画のようによく言われますが、G・フォードの魅力もいっぱいでした。カジノのNo.2で硬派な男を演ずるフォード、カジノのボスの妻で元恋人のヘイワース。この二人の関係がお話の筋となりますが、映画ではヘイワースの出番がかなり多くヘイワースに感心がないと後半の歌と踊りのシーンは退屈です。その割りに最後までしっかり観ることができたのは、G・フォードがサッパリカッコよかったからです。なのに・・・特に後半の二人(特にフォード)の心・態度の変化は、無理があったというか、急すぎるんじゃないですか? 演出がよかったらもっとオモロいんかなぁ。この監督の「武器よさらば」なんて、全然オモロなかったもんな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ