ここから本文です

ギルバート・グレイプ (1993)

WHAT'S EATING GILBERT GRAPE

監督
ラッセ・ハルストレム
  • みたいムービー 1,042
  • みたログ 7,637

4.20 / 評価:2,173件

30歳のデップと、19歳のディカプリオ♪

  • コトホギ さん
  • 2018年1月24日 10時25分
  • 閲覧数 4891
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

以前、鑑賞した際も
何が、面白いのか、さっぱりだった本作
久しぶりに、鑑賞してみたけれど
やっぱり、何が、面白いのか
さっぱり、分かりませんでした。m(_ _)m

ただ、表題に掲げた通り
主演が、若き日の「人気俳優」たちなので
彼らのファンには、いいのかも?(@_@)

参考までに、概要をまとめると…
主人公は、アメリカの片田舎で
家族と共に暮らす、24歳のギルバート(デップ)

●知的障害の弟=アーニー(ディカプリ)と
●巨漢の母親が、足かせとなり
町から出た事がない彼の前に
ある日、トレーラーハウスで、旅を続ける
自由な女性=ベッキー(ジュリエット・ルイス)が、現れ…
と、まぁ、こんな感じで
この女性が、町にいる「数日間」を、描いた作品

物語自体も、あまり、面白いとは思わなかったけれど
私が、嵌れなかったのは
不愉快な「登場人物」に、イライラしてしまった事が、大きい

特に、酷いのが、不倫妻のベティ
女優さん自体は、嫌いではないのだけれど
本作では、キャラが、醜悪過ぎて
登場する度、不快度数が、増してしまった。(―_―)

いくら、娯楽が、ないとはいえ
小さな子供が、2人もいて、あれは、ないわ
「記念日」という発言にも、ゾッとしてしまった。

あと、主人公の「母親」にも、嫌悪感しか、持てず…
終盤、警察署へ、息子を取り返しに行く姿は
大いなる「母の愛」というより、
巨大な「エゴの固まり」にしか、見えませんでした。m(_ _)m

本作の見所は、「素顔」のジョニー・デップくらい
久しぶりに、彼の「素顔」を、観た気がします(笑)
よって、評価も、「デップ」に、オマケして、★3つ

「知的障害のディカプリオ」も、悪くはなかったけれど
彼の作品では、「仮面の男」の方が、好き♪
こちらも、少し前に、レビューを投稿済みなので
宜しければ、参考にしてください。 (*^_^*)ノ

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ