ここから本文です

ギルバート・グレイプ (1993)

WHAT'S EATING GILBERT GRAPE

監督
ラッセ・ハルストレム
  • みたいムービー 1,090
  • みたログ 7,836

4.19 / 評価:2346件

”しがらみ”から逃れられない人々

  • アセチレンランプ さん
  • 2018年8月22日 23時25分
  • 閲覧数 5012
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

いい映画でした。こんないい映画がアカデミー作品賞にノミネートすらされないなんて。。。
同年の作品賞は、「シンドラーのリスト」でしたが、これはいいとして、「逃亡者」が作品賞ノミネートはないだろう!

本作は、エンドーラという街に住む一家族とその周囲との交流を描いた”青春映画”と言っていいかと思います。
その一家族のうち全てを一身に背負ってしまったジョニー・デップ演じるギルバート・グレイプ。
母親は、過食症で家から動けず、レオナルド・ディカプリオ演じる弟アニーは知的障碍者でその世話もしなければなりません。
このさびれた街で人々は逃げ場もなく、日々生活しています。

そこへ、トレーラーハウスで各地をまわるベッキーとギルバート、アニーの交流などが織り交ぜられます。

逃げ出したいけど逃げられない、この地の閉塞感が観ている人の胸を締め付けます。

ジョニー・デップ渾身の演技で、いい俳優だと思いましたが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」に出演したことで彼の俳優人生は、間違った方向へ。
本作のような作品に出演し続ければ、渋いいい俳優になったと思うのになあ。
一方のディカプリオは、頑張って、やっとアカデミー主演男優賞を獲得。

ラスト、この家族がやっと自由になれたことに一筋の光を垣間見ることができました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ