ここから本文です

ギルバート・グレイプ (1993)

WHAT'S EATING GILBERT GRAPE

監督
ラッセ・ハルストレム
  • みたいムービー 1,061
  • みたログ 7,695

4.20 / 評価:2,222件

ディカプリオは天才だと思いました。

  • eny***** さん
  • 2019年11月20日 22時11分
  • 閲覧数 1874
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画館でタイタニックを見てレオのカッコよさに惹かれ、彼の作品を次々借りて観まくった。ロミオとジュリエットもタイタニック同様、カッコいいレオ様だった。が、しかしこの作品で、レオはただのアイドルではない。本物の天才役者だ!と感じた。彼はこの作品で障がいのある方をかなり観察し研究したそうだ。その結果、彼はどこから観てもアニーそのもの。役を生きているとはこのことだと思った。この作品中でレオはジョニデを超えた存在感だった。この映画はたくさんの登場人物たちの置かれた状況や想いを丁寧にリアルに伝えていて非常に共感できた。配役が最高。脚本、カメラワークもよい。一度だけでなく繰り返し何度も味わいたくなる作品だった。フィクションなのにリアリティーがある。役者とスタッフの力だと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ