ここから本文です

ギルバート・グレイプ (1993)

WHAT'S EATING GILBERT GRAPE

監督
ラッセ・ハルストレム
  • みたいムービー 1,098
  • みたログ 7,853

4.19 / 評価:2359件

良い人になりたい

  • ogi******** さん
  • 2021年3月1日 16時07分
  • 閲覧数 870
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

『ギルバート・グレイプ』(What's Eating Gilbert Grape)1993

レオナルド・ディカプリオは当時19歳。神がかっているいる名演。でもアメリカ映画アカデミーは助演男優賞をあげなかった。かえってそれが良かったかもしれない。彼はその後もどんどん腕を上げていったから。

そしてこの映画でもう1人ナチュラルな演技を見せているのがジョニー・デップ。後年のエキセントリックな演技とは違う等身大の青年を淡々と演じている。

アメリカの片田舎で起きたちょっと個性的な家族の物語。夫が自殺してからとても太ってしまった母親。知的障害がある弟。そしてこの一家を背負う覚悟を持っている兄。

ある日、とてもキュートなショートカットの女の子が引っ越してくる。

「ショートカットの個性的な女の子」はアメリカ映画のよくあるキャラクターだそうだ。

ボーイッシュで発想が個性的でサバサバしている。

こういうキャラクターのルーツは長靴下のピッピとか、アン・シャーリーなのかも。

悲痛な事件を経て登場人物達は別れと旅立ちを迎える。どこにも無い「普通」という価値観から生まれた集団的差別が主人公達を追い詰める。

しかし物語は清々しい結末を迎える。そして自分を顧みる。自分はギルバート側だろうか?街の人々側だろうか?答えははっきりしている。この映画を観る前は街の人々側だったが観た後はギルバート達に寄り添う人でありたいと思う。

ギルバートと同じ様に「良い人になりたい」

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ