禁断の惑星エグザビア

FORBIDDEN WORLD/MUTANT

77
禁断の惑星エグザビア
2.2

/ 6

0%
0%
33%
50%
17%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)

セクシー28.6%不気味28.6%パニック28.6%恐怖14.3%

  • カーティス

    2.0

    コーマン流エイリアン

    ロジャー・コーマン製作のSFホラー。辺境の惑星にある研究施設を舞台に、突然変異によって生まれた怪物と人間との戦いを描くというストーリー。 『エイリアン』のヒットを皮切りに起こったSFホラーブームに便乗した作品なのですが、演出がダラダラとしていてスリルがないのが致命的。肝心の怪物はチープなハリボテで、見た目が怖くないうえに、動くシーンがあまりないせいで何が起こっているのかわからないという酷いありさま。冒頭のドッグファイトは低予算映画にしてはいい感じなのですが、よくよく見ると同じロジャー・コーマン製作の『宇宙の7人』の流用だったりするのも萎えるポイントです。 脚本に大きな破綻はないものの、これといった見どころもなく、凡庸な亜流映画になってしまったという印象を受けます。唯一『エイリアン』に勝っていると言えるのはお色気シーンぐらいのものでしょうか。(女優さんがセクシーなうえにいい脱ぎっぷり!) ただ、面白くなりそうなシーンもなくはありません。例えば怪物の成長過程。 本作の怪物は、動物を生きたまま溶かし、ぐちゃぐちゃの肉片に変え、それを食べながら成長するという設定。この溶かすシーンがなかなかよく出来ていて、溶けた顔面から脳みそが見え隠れするシーンや、被害者が神経と肉の塊になるまで溶けてしまったシーンなど、特殊メイクがけっこうリアルで見ごたえがあります。ただ、演出があっさりとしているせいで、いまいち盛り上がらないのです。 この辺のシーンをねちっこく描写できていたら、もう少し面白くなったんじゃないかな~と思います。

  • shi********

    3.0

    傑作ではないけどB級映画愛に溢れています

    オープニングのスペースバトルのあまりのチープさに「よっしゃあー」と、B級映画心をすこぶる刺激させられ、その雰囲気を壊さず、その後もこれでもかってくらい観せつけてくれます。 「エイリアン」もどきのモンスターは怖くないし、待ってましたとばかりにエロティックなシーンが展開したり、超雑なカットもてんこもり。 製作された当時のB級映画のセオリーをいかんなく発揮した、まさにコーマン流超亜流SFホラー。 内容は「エイリアン」っぽいのにまったく怖くなく、スリリングな展開もほぼゼロというのはかなり致命的と思われるが、映画を愛する雰囲気はビシビシ伝わってくる。 こんな作り方で何本もの傑作を生み出してしまったのだから、コーマンあなどれないよね。 もちろんこの作品は傑作とはほど遠いモノだけど、意外と好きだったりしちゃいます。

  • z27********

    2.0

    自分は嫌いじゃないけど…

    ロジャー・コーマン御大総指揮によるエイリアンのパクリ映画。適度に恐怖、エッチがあり暇潰し程度には観られます。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
禁断の惑星エグザビア

原題
FORBIDDEN WORLD/MUTANT

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル