クイン・メリー/愛と悲しみの生涯
3.6

/ 5

20%
60%
0%
0%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(2件)

悲しい20.0%かっこいい10.0%勇敢10.0%泣ける10.0%恐怖10.0%

  • ads********

    5.0

    ネタバレエリザベス女王が出る映画で推薦出来ます

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • see********

    4.0

    女×女 二大女優の火花散る激突

     アン・ブーリンが処刑される迄を描いた『1000日のアン』に続き チャールズ・ジャロット監督が描いた、アンの娘エリザベスと、 スコットランド女王メアリー・スチュワートを主軸に据えた歴史劇。    エリザベスにグレンダ・ジャクソン、メアリー・スチュワートに ヴァネッサ・レッドグレーヴという、英国きっての名女優が、まさに ガチンコ対決(オープニングのキャスト表記も同列)でしのぎを削る。  もっとも、題名の通り、基本はメアリーの数奇な運命のドラマを 主軸としているので、尺はメアリー側に寄ってはいますが、 表面上は王位継承権を巡って、背景には宗教対立が横たわり、 実際は女×女の、お互い一歩も譲らぬ火花バチバチの乾いた対決、 その激突ぶりと衝撃の幕切れまでを、存分に堪能できます。 (『エリザベス:ゴールデン・エイジ』ではケイト・ブランシェットは 続投、メアリー役はサマンサ・モートンが演じていました)  “愛と悲しみ…”なんていう時代を感じさせるサブタイが付されて いますが、メアリーの人生の荒波ぶりからは、愛などはかき消され、 悲しみばかりが、針が振り切れるほど襲い掛かり続ける印象。 それでも、やはり愛を求めて更に悲劇の堝に落ちていくメアリーと 権謀術数に長け、どう転んでも私の勝ちだ…と高笑いのエリザベス との対比が、かなり色濃いコントラスで(ある意味とても解りやすく) 悲劇は進行していく。  幽閉したメアリーをいつでも処刑できる立場にもかかわらず お互いの名誉を損ねない形で彼女の命だけは救おうとするなど、 エリザベスの(実はかなり揺れている)複雑な心境を演じたグレンダ・ ジャクソン、悲劇の連続攻撃に耐えながら、それでも愛を求め続けた メアリーをシャープに演じた、ヴァネッサ・レッドグレーヴ共に いずれ劣らぬ大熱演。 (お二人ともオスカー女優ですが、本作では、後者がノミネート、 前者は、別の作品『日曜日は別れの時』でノミネート)  この女優対決だけでも十分豪華なところに、イアン・ホルム、 パトリク・マクグーハン、ナイジェル・ダベンポートなどなど、 男優陣が手堅くサポートした布陣も隙が無い。 (エリザベスが差向けた捨て駒男の、勘違いの果ての哀れな末路を 若きティモシー・ダルトンがエネルギッシュに演じているのも見所)    女同士の宿命の対決に寄り添うにはソフト過ぎる感じもしますが、 ジョン・バリーの音楽もいつもながら酔わせてくれます。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
クイン・メリー/愛と悲しみの生涯

原題
MARY, QUEEN OF SCOTS

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル