空山霊雨

空山霊雨/RAINING IN THE MOUNTAIN

121
空山霊雨
3.0

/ 2

0%
50%
0%
50%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(1件)

ファンタジー50.0%知的50.0%

  • xi_********

    4.0

    胡金銓の「円熟の境地」を堪能しよう

    私は映画なら何でも選好みせずに観る方だが、とりわけ中華圏(香港・中国・台湾)の映画が大好きなことは否定しない。単にカンフー映画が入口で、香港ノワールと出会い、その後の中国生活を契機に、私にとっての中華圏映画は「そこにある存在」となった。 胡金銓(キン・フー)の映画と出会ったのは、その10年弱の中国滞在中。日本では(実は中華圏でも)カルト化している胡金銓の映画は、当時、その(高い)評価を聞きながらも観ることの叶わない映画だった。 曰く、「ブルース・リーが唯一、自ら出演を望んだ映画監督」。 曰く、「中華圏出身監督の中で、唯一無二の存在」。 曰く、「香港のクロサワ(勿論、黒澤明のこと)」。 どうしても観たい。けれど、どうしても観ることが出来ない。 すっかり諦めていたが、胡金銓のビデオ(映像は劣悪だったけど)を集めている映画学校の学生と知り合い、あっさり悲願達成(帰国すると日本でもDVD化されていたが)。 映画を観る前から、私は、胡金銓とその映画に憧れていた。だから、今から書くことは、彼の大ファンである私の個人的な思い込みや、単なる贔屓目であることを告白しておく。 それでも、伝えたい。 胡金銓は、本当に、中華圏で唯一無二と呼べる存在だったのだと。 過去見聞きしたその評価は、決して過大評価や懐古主義的なものではなく、ツイ・ハーク、張芸謀(チャン・イーモウ)、陳凱歌(チェン・カイコー)、そしてアン・リー等、今日活躍する多くの有名監督たちに影響を与えるほどに、真に突出した存在であったのだと。 『大酔侠』は武侠映画の規範を創ったと言われる。 『龍門客棧』は武侠映画を東・東南アジア全域へ浸透させたと言われる。 『侠女』は中華圏映画史上初めて世界的に評価を得た作品。 『迎春閣之風波』と『忠烈圖』は胡金銓の全盛期と言われる武侠活劇。 そして、『山中傳奇』と本作を最後に、胡金銓は時代の流れから取り残されていく。 彼はその後も数本の映画を残しているが、それはほとんど評価されていない(最も大衆に受け入れられなかった以上、それが正当な評価だとも言えるが)。 私は、この『空山霊雨』こそが、『忠烈圖』と並ぶ胡金銓の代表作だと信じている。 活劇として、或いは娯楽面なら、『忠烈圖』や『迎春閣之風波』の方が上だろう。だが『空山霊雨』の演出には、「円熟」とも言える印象を受ける。 多くの映画サイトはこの映画を「アクション巨編」と紹介しているが、それは「本当にこの映画を観たのか?」と疑いたくなる煽り文句だ。 実際のところ、この映画の題材は醜悪な権力闘争であり、映画の7割~8割は、ある寺院の宝典(巻物)を巡る策謀・争奪劇を描く。宝典を狙う名士と盗賊(孫越、徐楓)、地元の官吏(田豊)、寺院の高僧(金昌根、呉家驤)、出家した元・罪人(秦沛)等々、多くの登場人物たちの自我が入り乱れる物語。 確かに終幕では「舞踏的演武(京劇アダプテーション)」が観られるが、過去の武侠映画とは違い、そこが見所ではない。 本作での胡金銓は、人間の醜悪な内面を「映像美学」と「娯楽要素」を通じて掘り下げることに腐心し、それをほぼ成功させている。 名勝地を活かした美しい韓国ロケは、「東洋的余白(画面外への想像)を信じる」胡金銓の面目躍如。この「人間の作為を含めての自然」と言う伝統的な中国の発想は、張芸謀が得意な「イミテーション的映像美」とは全くの別物と言うべきだろう。 僅かばかりにしろ、トランポリンやワイヤーを駆使した独自の演出は相変わらずの冴えを見せ、最近の映画のような派手さがないゆえに地味なのだが、徹底して美しい「舞踏的演武」を追求している。 胡金銓は(中華圏映画監督には珍しい)完璧主義者と言われ、同時進行で撮影された『山中傳奇』の演出が「空間表現」のみに傾倒していたのに対し、『空山霊雨』でも「空間表現」はそのままに、ほどよい娯楽感覚を加えてみせたりもする。作品を問わず、独自の映像美学を崩さない胡金銓の映画は今日的ではないが、主題の深みと物語の面白味が有機的に絡み合う本作こそは、個人的には、胡金銓の円熟の凄味だと信じて疑わない。 とは言え、相変わらず物語の締め方が下手糞な辺り(胡金銓唯一の欠点)、私個人が大絶賛したところで、本作を好きな人もいれば、嫌いな人もいるだろう。 だが、寺院を舞台とした時代物の権力闘争劇でありながら、本作以上の演出が堪能出来る映画と言うものを、私は知らない。 本作を観る機会があれば、それを逃すのは大きな誤りだと、私は思う。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
空山霊雨

原題
空山霊雨/RAINING IN THE MOUNTAIN

上映時間

製作国
香港

製作年度

公開日
-

ジャンル