ここから本文です

クー嶺街少年殺人事件 (1991)

A BRIGHTER SUMMER DAY

監督
エドワード・ヤン
  • みたいムービー 156
  • みたログ 437

4.01 / 評価:300件

二度見ると...

  • tis***** さん
  • 2020年7月9日 11時46分
  • 閲覧数 631
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

2度見ました
1回目は、話についていけないところがあったり、後半集中力が落ちたり、と十分理解できませんでしたが、2回目で、凄い映画だと感じました。
歴史的な背景が大人に影響を与え、さらには子供がいろいろな代弁者であることなど。また、改めて印象に残ったのが、

ひとつひとつの映像、その光と影
小四へ影響を与えるまわりの人の変化、小翠、小明の小四への言葉
小明と母親の医者との深い関係や、小明の母親の自殺
終盤の老二が小四に示す愛情
姉が最後に小四に語る言葉

などです。
何度見ても新しい発見がありそうです。
傑作にはよくあることです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ