ここから本文です

クォ・ヴァディス (1951)

QUO VADIS

監督
マーヴィン・ルロイ
  • みたいムービー 8
  • みたログ 65

3.56 / 評価:18件

ストリジル!

  • kinchan3 さん
  • 2011年12月30日 21時52分
  • 閲覧数 1361
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 映画というのは年を取れば取るほど気づくことが増えてくる。当たり前だが。
 ラテン語の授業で“Quo vadis, Domine?”(主よ、どこへ行きたもうか?)が出てきた日のことは今でも覚えている。先生が「知ってますね」と笑いながら言った。当時、シェンキエヴィッチの原作の名前だけ知っていた。元は『ヨハネによる福音書』13章36節に出ていて、これを受けて小説があった。そして、この映画なのである。
 テレビで放送していたので、見なおした。
 子どもと笑ったのはストリジルのシーンである。ロバート・ワーグナーがお風呂に入ってこれを使うのだ。娘が「『テルマエ・ロマエ』だ!」と笑った。そう、『テルマエ』で小道具として出てきて、いきなり日本の現代にタイムスリップして、垢すりを知ってしまう、という話になっている。
 つくづくローマ人はお風呂好きだと思う。エジプトの女王だったクレオパトラだって、映画でその豊満な体を見せるシーンがあった。
 昔はスペクタルに変に慣れていたからあまり思わなかったが、本当にたくさんの人を使って作っているのにあきれた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ