9時から5時まで

9 TO 5/NINE TO FIVE

110
9時から5時まで
3.3

/ 30

17%
27%
40%
7%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(8件)

笑える25.0%コミカル20.0%楽しい20.0%ファンタジー10.0%かっこいい5.0%

  • とみいじょん

    3.0

    スカッとする !(^^)!

    公開当時は大ヒットしたとか。わかる気がする。  日頃の鬱憤を、過激な妄想で晴らして、笑い飛ばしたいモードで鑑賞すると☆5つ。テンポの良い演出、あり得ない、ある意味ファンタジー的コメディ。 ブラック企業。仕事以外の業務。報われない仕事。セクハラ。誤解されたまま伝播する噂。やっかみ。ゴマすり。と、現代にも通じる”あるある”な出来事。  だけれども、今の仕事環境から見れば、なんとぬるいことよ。  かつ、物語が進むにつれ、あまりにもありえない展開になっていく。このまま話はどうなっていくんだとハラハラ+笑わせながらも、着地点は心地よい。  ここらへんを楽しめるか、ばかばかしいと切り捨てくかで映画の評価が変わってくるだろう。 ビジネス・ウーマンとしてずっと頑張っていたバイオレットの悲哀に共感できる(悲哀と悔しさを笑える表現に昇華させている、さすがコメディエンヌ)。 ドラリーは格好いい。女性的魅力でひいきされてみたいなやっかみの噂があるんだけれど、仕事に対する姿勢がしっかりしているから、その噂がやっかみとすぐにわかる(演技的にはこなれていないが、さすが普段から自分の仕事にプライド持っている大物歌手)。 ジュディは専業主婦から初めての就職という設定。仕事はできないんだけれど、職場のしがらみや慣習に染まっていないから、それまでのやり方を変えていけると大活躍なんだけれど、その様がさすがセレブ。決して「仕事ができない」なんて卑屈にならない。人を動かす術にはたけているし堂にいったものである。なんだけれどもセレブの腰掛仕事にしかみえないのが残念。この人の存在が、この映画をファンタジー化している。 とはいうものの、このジュディが職場に入ってきて、この二人をつないだところから物語が動き出す。うん、仲間っていいものだ。 女性が職場に進出しだした、まだ職場環境もぬるい時代のコメディ。 (当時の風潮として、今では不適切な場面も登場する) ここまでやってみたいけれどできない展開でぶっ飛んでくれると、かえってスカッとします。

  • lit********

    5.0

    長年のコレクション作品

    初めて拝見したのは中学生の時。 深夜、放送されてリアルタイムで またビデオ録画していたので何度も拝見 痛快コメディでしょう。 私もOL経験がありますので メインの気持ちがわかります。 こんな時期もあったな。 ここまであからさまではありませんが。 学生の時と仕事をしてから拝見すると 見方は全く違って共感する部分も多くありました。 仕事をしたての頃はヘマばかりで 男性からではなく女性の先輩から「喝」を入れられましたが 時々、男性からもありましたね。 私は同僚と結婚して退職しましたが 家庭に入ると子育てや主人の働きでは家計が反比例。 でも、何とかやりくりして生活できています。 日本とアメリカでは感覚も違うはずでしょうが 仕事していた頃の同僚とこのようなことがあった時に ここまで過剰なことは考えませんでしたが どうしたら仕事にミスが減るかなんて 自分たちが直そうと努力していました。 ここに出てくる3人は都合のいい上司にご立腹。 想像でそれぞれが思いの丈を冗談で話していた。 そんなときに起こってしまったトラブル。 動転した3人の行動は共感です。 後々起こる、展開! 最高に愉快ですね。 こういう風に社内が変えられる、理想ですよ。 TV放送版も劣化していますが 大切にしております。 NHKさんである日、字幕版が放送され カットされた部分も拝見。 DVDが売られた時に予約して購入。 字幕と日本語吹き替えも入っておりました。 諸事情があるのか TV放送された部分も吹き替えなしになって ビデオは捨てられません。 公開から33年経て、今でも長年愛している作品です。 ビデオは吹き替え2本 NHKさんの完全字幕 DVDは通常版と廉価版を持っております。 今後、ブルーレイになれば購入するでしょう。 仕事をされていたり、上司にいろいろ言われた経験の方 男女に関わらずに少しでもストレス発散になる1本だと思います。

  • mil********

    5.0

    大ヒット曲だったのね。

    一昔前の米ドラって雰囲気なコメディです。 味がありますね~。 女性のかたには大ウケですね、大笑いしました。 挿入曲『Nine to Five』 ドリー・パートンの大ヒット曲がこの作品だったことを知りました。

  • jas********

    2.0

    女性向けのコメディー☆2.0

    公開当時は、ちょっと話題になりました。 セクハラという言葉を聞き出したのもこの頃かな? 単純明快な内容で、 とても取っつき易いコメディー作品です。 笑えるシーンは結構用意されているんですが、 見せ方がよくないのか、 少しだるいなと思えるシーンも。 ドタバタコメディーの要素があり、 主役の女性たちがもう少し頭を使う展開があると、 もっとおもしろくなったと思います。 総体的にはそつなく楽しめる作品には 仕上がっているのではないかと。

  • gre********

    4.0

    ネタバレ9時から5時まで

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
9時から5時まで

原題
9 TO 5/NINE TO FIVE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル