ここから本文です

孔雀王 (1988)

孔雀王子/PEACOCK KING

監督
ラン・ナイチョイ
  • みたいムービー 71
  • みたログ 258

3.40 / 評価:63件

ほし みっつ

孔雀王の漫画を今になって読んだので実写映画を観てみようと。

さすがに80年代作品であるので映像はハードルを下げざるを得ない。
予想通りのクリーチャー表現や背景。でもね80年代としては頑張ってるね。物体Xの半分くらいの迫力はある。
バイオハザードのラスボスみたいな雰囲気だったね。

孔雀がほとんど目立たなかったような感じ。2人主人公を設定して孔雀はかめはめ波みたいな攻撃のみ、もうひとりは格闘アクション担当。合作の極みですね。
でも、ゴールデンハーベストと合作なのでちから入ってるよね。
日本から香港からチベット。スケール感大きい。
安田成美が可愛いです。ベタな騒ぎ役ですが。

百貨店の恐竜展でひとり死んでるのに、飲みに行くという不思議。
説明はあれど展示会ぶっ飛ばして辞めてくる責任者。
何度死ぬんだよと言いたいアシュラ。
大したことないように見える地獄門。やたらと登場に時間かける。
などなどツッコミ満載だが

香港映画っぽくて面白かったという印象はある。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 勇敢
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ