鯨とり コレサニャン
2.3

/ 9

11%
22%
11%
0%
56%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(6件)

不気味13.3%絶望的13.3%悲しい6.7%かっこいい6.7%勇敢6.7%

  • kud********

    1.0

    コレサニヤン

    韓国映画お決まりの設定につまらなさ爆発・・・先の読めるありふれたロード・ムービー、二度と観ないでしょう。

  • sav********

    4.0

    “考える”だけでなく“動く”ことの大切さ

    “韓国ニューウェーヴ、再発見” 1980年代の韓国作品2本を ピックアップし上映されています。 現在、東京・名古屋・大阪1館ずつ、 合計3館で催されています。 ◇   ◇ 予告編で流れたもう1作には、 あまりそそられず、今作のほうに、 力を感じたので、公開初日に行っちゃいました。 公開初日の特典でしょうか? 500mlマッコリ・ペットボトルをくれました(嬉笑顔) 映画館ロビーを見渡すと、 ペットボトルを開けてグビグビ呑んでいる人だらけ。 まさか・・・、みんな、呑んでるよ!!! 銘柄を見ると、ウーロン茶とか、お水とか、 みなさん暑さ対策で持ち込んでいたものでした(ビックリ!) 一瞬『昼間から呑む』マッコリ紙コップサービス時の、 にぎやかな映画館内の様子が頭をよぎっちゃいました(トラウマじゃないよ(苦笑)) ◇   ◇ 開場をロビーで待っていると、 これまた公開初日の特典なのか、 トークショーを開催。前の回の上映後なので、 次の回で鑑賞予定だった私は、見られないと、 ハナッから期待していなかったのですが、、、、、 「お立見になりますが、もしよろしければ、  次の回でご覧になる方も、ご参加ください」 映画館スタッフのかたが中に招き入れてくれました(感激) ただ、トークショーの中身は、 映画評論家らしき女性がアンチョコの 資料を整理し切れておらず、壇上で紙を あっちゃこっちゃにバサバサしたり、、、、 「資料をお持ちしましたのでご覧下さい!」 元気さと、用意してきたことは買うけれども、 写真が小さすぎて、最前列の人でも見えない有様。 ここまで空回りしたトークショー初めてでした(苦笑) 上から降りてきた女性評論家、ちょっぴり、ブルーでした。ドンマイ!! ◇   ◇ 前置きが長くなりましたが、 劇場は中高年層を中心に7割ほどの入りでございました。 ガラガラがトレードマークの映画館だったのに、 だんだん、盛況ぶりがトレードマークに変貌しつつありますね♪ ☆彡     ☆彡 粗いけど、 “気”はビシビシ伝わってきたね これが宣伝通り現在の韓国映画の源泉なのかな 〈 役が小さくても、自分が小さくなってはいけない 〉トークショーより 上、今作で主役を務められている、 韓国の国民的重鎮俳優、アン・ソンギさんの言葉。 主役から脇役にまわられたときに なかなか気持ちの整理がつかなかった時期に、 ある作品と出会って、この境地に辿り着いたそうです。 いい言葉だなぁ、と 即座にメモってしまいました(笑顔) そんなアン・ソンギさんの 若かりし頃がスクリーンに映る今作。 ザックリ、粗筋を記すと、  気が弱く冴えない大学生が、  ひょんなことからインテリの浮浪者と  田舎から連れて来られた失語症の娼婦と出会い、  田舎(ふるさと)に戻りたいと意思表示をする  彼女のために、冴えない大学生は勇気をふりしぼり連れて行こうと決意する ここから始まる道中を描く ロードムービーになっています。 「鯨とり」=「大きな夢をつかむ」 彼女をふるさとに連れて行こうと悪戦苦闘する道中で、 大学生だけでなく、失語症だった女性も、成長していく過程も映し出されます。 アン・ソンギは主役でありながらも、 若い役者2人を、文字通り献身的に支えています。 その中で、2人は、 お互いの愛を確かめあい、 本物の愛と、己が本当に、求めていたものに気がつきます。 この系譜の作品には付き物の 悪役もおりますが、大学生が彼女を 殴られても蹴られても血だらけになっても、 身を挺して守ろうとする姿にほだされ、娼婦小屋から 連れ去られた彼女を取り戻そうと追い続けていたものの、 あきらめて帰って行く。 ベタと言えるのかもしれませんが、 “不可能なことはない” “本気を出してやればできる” “変わろうと決め、思うだけでなく行動に移せば変われる” そんなメッセージが、 長期軍事独裁政権が倒された、変化を渇望した 当時の韓国の国内事情ともシンクロしているのが 1984年韓国国内最大動員を記録にも結びついたのだろうな、と 珍しく、作品の背景にまで、踏み込んでしまう自分がおりました(笑顔) ☆彡     ☆彡 アン・ソンギだけでなく、 娼婦を演じたイ・ミスクも、 現在の韓国では、重鎮になっています。 WEBで画像を見ましたが、 40歳を超えたとは思えない、美しさでございました❤ 映画鑑賞後、なんだかやる気が湧いてきて 階段を駆け下り、出口を駆け出してしまいました。 なに!この暑さ!!陽射し強すぎ&暑すぎ!!! 秒殺で、やる気が萎えました。。。このヘタレめ(苦笑)

  • oky********

    5.0

    韓国のロードムービー

    韓国映画だと、内容に関係なく、☆ひとつのレビューが増えます。これは反在日の人達の嫌がらせです。映画ファンの評価ではありません。気にしないで下さい。芸術や芸能や文化に、国境はないのだから。良いものは良いと認める人間でいたい。この映画の評価は☆☆☆☆☆です。

  • que********

    1.0

    悲しいとき・・・

    つまんない映画を観てしまったとき・・・

  • 未定

    1.0

    売春宿で失語症

    韓国映画でよくある設定!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
鯨とり コレサニャン

原題
WHALE HUNTER

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日
-