駆潜艇K-225

CORVETTE K-225

99
駆潜艇K-225
3.0

/ 3

33%
0%
33%
0%
33%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

勇敢11.8%切ない11.8%悲しい5.9%かっこいい5.9%不気味5.9%

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレカナダ版「眼下の敵」

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rup********

    3.0

    H・ホークスによるエラ・レインズの発掘

    随分昔の話になってしまいますが、本作を初めて観たのは、1999年11月~2000年3月にかけて京橋のフィルムセンター(現在の国立映画アーカイブ)で大々的に開催された『ハワード・ホークス映画祭』でした。 このとき、「無花果の葉」から「リオ・ロボ」に至るホークスの監督作品41本中34本に加えて、ホークスが大きくかかわった作品として、「奇傑パンチョ」「ならず者」「遊星よりの物体X」と本作「駆潜艇K-225」が上映されたのです。 私も当時ソフト化されていなかった初期の作品を中心に観に行ったのですが、本作については、既にビデオで観ていた「拳銃の町」と、WOWOWで放送された「幻の女」で鮮烈な印象が残っていたエラ・レインズが出演していることが一番の鑑賞動機でした。 特に「拳銃の町」でのSな性格をたっぷりと押し出した一面とその裏にある純情とを巧みに表現してみせたはねっかえりのお嬢様が私の心を捕らえてやまなかったので、彼女の映画デビュー作となる本作を大スクリーンで観たかったのです。 ただ、実際に観ると、この程度のものかなといった感じで、映画自体もたいして印象に残りませんでした。 現在、本作は、戦争映画を集めた廉価版のDVD-BOXに収録されていて日本語字幕付きで観ることができるので、久しぶりに鑑賞してみたのですが、うーん、やはり初見のときの印象とさほど変わらなかったですね。 マクレイン大尉(ランドルフ・スコット)を艇長とするカナダ海軍の駆潜艇が独軍のUボートとの激しい海戦で撃沈され、マクレインら12名のみが友軍の駆逐艦に救われて帰国するところから始まり、マクレインは、Uボートの爆発に巻き込まれて命を落としたカートライト中尉の姉ジョイスの元に弟の死を報告しに行きます。 ここで、ジョイス役のエラ・レインズが登場。 エラが演じるジョイスは、マクレインの指揮の不手際を指摘するなどして、冷静な対応をみせるのですが、冷たい雰囲気ではなく、しっかり者の姉といった感じの凛とした姿が印象に残ります。 マクレイン大尉は新駆潜艇K-225への乗船を命じられ、新たな戦闘へと向かうことになるのですが、奇しくもここにジョイスのもう1人の弟ポール(ジェームズ・ブラウン)が新任士官として配属されることに。 ポールは、ジョイスにマクレインが自分に対して厳しすぎると愚痴るものの、ポールが新人であることに甘えていたにすぎなかったことが分かると、ジョイスはマクレインに対して信頼感を強め、2人は惹かれ合うようになっていきます。 ・・・と、これはあくまでも戦闘に出るまでの前座としてのエピソードで、K-225が出航してからは、専ら独軍へのリベンジとなる勇ましい海戦へ向けての状況説明的な展開になってしまい、クライマックスにおいて爆雷投下の迫力ある映像があったりしても、個人的には、ほとんど興味を掻き立てられませんでした。 『ハワード・ホークス映画祭』で購入した図録によると、本作の監督は、何作かホークス作品の監督補やB班監督を務め、ホークスが信を置くリチャード・ロッソンが担当しているものの、製作のみを引き受けるはずだったホークス自身もセットにしばしば顔を出して演出をし、さまざまな指導を行っていたそうで、それが、ホークスがシャルル・ボワイエと共に新人タレントの発掘や養成、マネジメントを行うために設立した会社『B-Hプロダクションズ』の最初の契約タレントであったエラ・レインズのためであり、結果的に一部監督もすることになった理由であろう、とのこと。 エラは、「脱出」においてローレン・バコールがみせたようなインパクトはありませんが、弟の上官にあたる初対面の男性の前でも全く怖気づくことなく芯の通った主張をするようなホークス映画の多くに見られる女性像をしっかりと表現してみせてくれているので魅力的ですし、彼女の演技を観るという点において期待外れということはありませんでした。 エラ・レインズのことばかり書いてしまいましたが、ランドルフ・スコットは、いつもの落ち着いた雰囲気で頼りがいのある指揮官ぶりを見せている一方、ベテラン水兵役のバリー・フィッツジェラルドがコミカルに場を盛り上げています。 また、端役時代のロバート・ミッチャムがK-225の乗組員の1人として出ていて、いくつか台詞もあって後の活躍を匂わせる存在感をみせていました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
駆潜艇K-225

原題
CORVETTE K-225

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル