ここから本文です

グライド・イン・ブルー (1973)

ELECTRA GLIDE IN BLUE

監督
ジェームズ・ウィリアム・ガルシオ
  • みたいムービー 32
  • みたログ 42

4.20 / 評価:20件

映画とは関係のない話(笑)

  • ser***** さん
  • 2006年12月1日 2時58分
  • 閲覧数 368
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画が私の心に残っているのは後にも先にも【シカゴ】のメンバーがヒッピーバイカーとして登場しているからに他ならない。ピン、と来る人はまさに映画通であり音楽通です(笑)。監督が実はこのシカゴの音楽プロデューサーという関係で、主人公(ロバート・ブレイク)の心象風景に颯爽と現れる姿を見て思い切り感動したのは、長年シカゴのファンを自認している私の勝手な悦び(笑)。でも映画としても実はこれ、なかなか秀逸な作品です。隠れたアメリカン・ニューシネマの秀作です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ