ここから本文です

グライド・イン・ブルー (1973)

ELECTRA GLIDE IN BLUE

監督
ジェームズ・ウィリアム・ガルシオ
  • みたいムービー 30
  • みたログ 40

4.21 / 評価:19件

圧倒的な虚無感

  • オーウェン さん
  • 2011年5月11日 20時12分
  • 閲覧数 791
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

アメリカン・ニューシネマにこんな作品があるとは始めて知った。
やはりスターが一人も出ていないからか。
それとも警官が主役というニューシネマらしくない構成のためか。

しかしこれは間違いなくアメリカン・ニューシネマだ。
警官から刑事を希望するジョンと、警官を辞め別の道へと行くデイビス。
次第に二人の袂が分かれていき、お互い過酷な運命が待っている。

ラストは当然のような形であるが、この唐突感と虚無感。
夢の散り際は何ともあっけない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ