ここから本文です

悪魔のエイリアン (1971)

BEWARE! THE BLOB/SON OF BLOB

監督
ラリー・ハグマン
  • みたいムービー 1
  • みたログ 11

3.33 / 評価:3件

原題はson of blobです。

  • tengu3711 さん
  • 2009年12月13日 20時35分
  • 閲覧数 388
  • 役立ち度 18
    • 総合評価
    • ★★★★★

や~、何十年振りに観ました「人食いアメーバーの恐怖2」

パート1は、マックィーンの「絶対の危機」ですな。

監督は、ラリー・ハグマン(保安官役で、笑わしてくれます)

主演は、ロバート・ウォーカー・ジュニア。

ヒッチの「見知らぬ乗客」に出ていたロバート・ウォーカーの息子です。
(顔がオヤジそっくり!!)

ナニゲに、バージェス・メレディス出てます。(絶対、フザケてる!)

「ブロブ」って、不思議なモンスターで、10年ごとに出てくんだよね。

この後、フランク・ダラボン(ミストの大バカ野郎)脚本、

チャック・ラッセル監督で3度目の映画化。

そして、今また、ロブ・ゾンビ監督で、リメイクの話が出ています。


俺、このイチゴジャムみたいな、化け物大好きなんだよね。

今回も、最初は、ハエから入って、ネコちゃん、黒人夫婦・・・と続きます。

このゼリーモンスターが、人を食う度に、どんどんデカクなってゆく。

諸星大二郎の「生物都市」と、違う所は、「動物」しか食わない所。

なぜか、植物は食わないんだよね・・・このブロブって・・・


「遊び心たっぷり」のパート2だけど、

ガキの頃、12チャンで観た時は、結構怖かった。

今、観ると、チープな感じが、また「ブロブ」っぽくて、いいんだよね。

1では映画館でしたが、2では、ボーリング場です。

あぁ・・・逃げ惑うエキストラになりたかった・・・皆、楽しそう・・・


ロブ・ゾンビが、映画化したい理由も、理解できる。

何か「ブロブ」って、肩の力抜いて、気楽に撮れそうだもんね。

映画の中に何度も出て来る、「アメリカン・クラッカー」カチ、カチ、カチ、

やたら、懐かしかったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • パニック
  • 恐怖
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ