ここから本文です

暗闇にベルが鳴る (1974)

BLACK CHRISTMAS/SILENT NIGHT, EVIL NIGHT/STRANGER IN THE HOUSE

監督
ボブ・クラーク
  • みたいムービー 13
  • みたログ 133

3.48 / 評価:71件

真犯人はサイコな・・・

  • スタンリー さん
  • 2019年1月10日 19時29分
  • 閲覧数 326
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ピーターが怪しいと思わせといて誰が犯人なのかな?と、楽しみながら観覧。
最初の事件が起こって以降、後半まで少し退屈な展開が続く。

エンディングまで死体はずっと一室に置き去りのままで、しかも外から見えるような窓際。
少し無理があるようなストーリー展開だったが、不気味さの演出で最後までもたせている。

やはり犯人は狂ったピーターだったという幕引きかとおもったが、最後にまた電話がかかってくる。
真犯人が別にいると確信させるカメラの動き、床の軋む音、屋根裏で歌う声。
ピーターじゃなかったんだ・・・
真犯人でる「ビリー」って誰なんだ・・・

オリビア・ハッセーと死体と謎が取り残された洋館。
静まり返った暗闇にベルが鳴る。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ