ここから本文です

64-ロクヨン-前編 (2016)

監督
瀬々敬久
  • みたいムービー 967
  • みたログ 5,242

3.60 / 評価:4,006件

前編後編を観て

  • set***** さん
  • 2017年3月14日 0時58分
  • 閲覧数 2513
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

よく出来た「日本映画」なんじゃないかと思いました。
なので、演出や演技、ストーリーを求める方には合わないかと。
なぜなら日本の映画はドロドロしてシガラミだらけで融通が効かなくて
登場人物の葛藤を描くことに心血を注いでいるからです。

報道と権力の対立や実名報道についての件は正直言って
ストーリーにはどうでもいい内容でした。

場面展開も過去と現在で行き来するので面倒くさく、
前後編に分ける必要があったのかとても疑問に思えました。

アクションもなく、サスペンス力も弱く、
更にはエンタメ性に欠ける中での「俺は権力に立ち向かうんだー」モノは
もはや見るのがただただ苦痛なだけでした。

そもそも前編の新聞記者とのやり取りはいらないし、
現実でまともな仕事をしていない新聞記者のプライドや姿勢の美化
云々はストーリーの中で重要性はまるでなかったので
ただのオナニーを見せつけられているような気分でした。

これが大作、名作と評価されるのであれば
邦画の未来は明るくはないと言えるでしょう。

他にも海外の映画が山ほどある中でいかに戦って生き残っていくかを
考えた邦画作りを今後期待したいものです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ