レビュー一覧に戻る
グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版
2010年8月7日公開

グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版

LE GRAND BLEU: VERSION LONGUE

R15+1692010年8月7日公開

par********

5.0

ネタバレジャックは、永遠の世界へ

この映画が流行った時に見て、3度目くらいか。ストーリーを大分忘れていた。改めて観て、よりはっきりと映画の魅力が分かった。  幼少の頃に父を失って、イルカを家族のように感じて、海と共に育ってきたであろうジャック。エンゾと再会し、温かい人間関係を取り戻し、ジョアンナと付き合うようになって、孤独だった感情をぶつけて、それが受け入れられて男女の仲へ。  しかし、彼が魅せられてきたイルカや深海の世界は、普通の者が知りえない別世界。ジョアンナと電話で話をした時、人魚と一緒に住むには、真っ暗な深海に降りて、真実の気持ちで人魚に向き合った時、人魚が近づいてきて、永遠の世界へ連れて行ってくれると告白している。一緒に居ても、世界を共有できないジャックとジョアンナ。お互いの世界を語り合いながらも、生活はギクシャク。  エンゾが、ジャックを振り切って、深海へ潜って、ジャックの腕の中で亡くなってしまう。エンゾは、死の間際、ジャックに深海に自分を埋葬してくれるように頼む。エンゾも、海に魂が魅入られた人間だった。ジャックは、自力でエンゾを運び、命からがら何とか戻ってくる。ここで、ジャックは、人工呼吸を施されながら、イルカが泳ぐ海をイメージしている。ベッドで寝ている時も、海が自分に迫ってきて、海に誘いこまれ、イルカと一緒に泳いでいる幻想を見る。  ジャックは、自分が、目指しているものが何なのかを、明確に自覚したのだろう。ジョアンナの制止を振り切って、夜の海に潜り、真っ暗な深海で、イルカ(人魚)が近づいてくるのを待つ。イルカはジャックの真実の気持ちを認めたのだろう。イルカに導かれて、ジャックは共に泳ぎだす。最後は、ジャックが永遠の世界を感じて、新しい境地に到達したことを暗示しているのだろう。(ちなみに、あのラストではジャックが死んだとは言い切れないと思います。ぼかして余韻を持たせているという終わり方かと)  そういった難しい世界観を描いたという意味でも、稀有な映画だと思います。

閲覧数2,406