ここから本文です

栗色のマッドレー (1970)

MADLY/MADLY, IL PIACERE DELL'UOMO

監督
ロジェ・カーヌ
  • みたいムービー 8
  • みたログ 27

3.67 / 評価:3件

13歳が見た愛の形

  • ultra_kandenchi さん
  • 2009年2月18日 3時28分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

鮮烈なワンシーンがありました。

その画商の家の部屋は現代美術風にしゃれていて、外の光がたくさん入って明るい。黒人女性のマッドレーはブルージーンズを履いていて、その部屋のテーブルの上に彫像のように立ちます。そこににじり寄ったアラン・ドロンがマッドレーの股間に無言で口づけするというシーンです。

13歳の私がそこに見たものは、男性が女性の前にひざまずく決定的な瞬間であり、神話的なまでにエロスが迸る様でした。

今もあのドロンの恍惚とした表情が思い返されます。男が女を支配する世界とは別の世界。それを覗き見た私は愛の形にはいろいろなバリエーションがあり、その自由度が愛の素晴らしさなのだと見とれてしまうのでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ