ここから本文です

クリスチーネ・F (1981)

CHRISTIANE F.

監督
ウルリッヒ・エデル
  • みたいムービー 12
  • みたログ 50

3.50 / 評価:17件

結局は、麻薬をやめれなかったんだよ。

  • um29ebos さん
  • 2011年7月1日 22時13分
  • 閲覧数 1223
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

トレインスポッティングを見たときに、まず思い出したのがこの映画。
「なんだあ、クリスチーネFのほうがいい。」と思ったもんだ。
劇場公開された当時、デビッド・ボウィが出ていると聞いて見に行った覚えがある。
これでもかと、麻薬中毒の悲惨さを描いた作品。
それでも、宙ぶらりんなあの年頃の、繊細な心のひだがひしひしと伝わって、いまだに忘れられない。
ボウィのヒーローズがあまりにもぴったりで、胸が締め付けられた。
実在のモデルがいる映画ですが、後日談があって、更生した主人公は、また、麻薬中毒に戻ってしまったのです。
現実のほうが、この映画にはふさわしいラストだと思う。
麻薬は、恐ろしい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ