ここから本文です

クリスマス・ツリー (1968)

L' ARBRE DE NOEL/THE CHRISTMAS TREE

監督
テレンス・ヤング
  • みたいムービー 24
  • みたログ 71

3.86 / 評価:37件

今年のクリスマスには特別の意味がある映画

  • kinchan3 さん
  • 2011年12月24日 21時28分
  • 閲覧数 409
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

 ウィリアム・ホールデンの映画。子どものために必死になる話だ。だが、今年の日本には特別な意味がある。
 二人が旧家で釣りを楽しんでいた時、近くに核爆弾をつんだ飛行機が墜落した。息子は体の不調を訴えるようになった。放射能のため白血病に侵されていたのだった。
 この映画で一番感動的なのは狼がほしいというので、狼を用意するところだ。僕だって親の立場だったら、ライオンだって準備する。どうしてこんな理不尽なことが、というような告発的な映画ではない所がよけいに泣ける。
 セシウムだか、ストロンチウムという言葉が平気で飛び交う国になってしまった。
 本当に子どもたちは大丈夫なんだろうか。バラバラな意見をいう専門家だらけで、誰を信じていいのか分からない。
 おお、神を信じろ、というのだろうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 不気味
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ