ここから本文です

グリニッチ・ビレッジの青春 (1976)

NEXT STOP, GREENWICH VILLAGE

監督
ポール・マザースキー
  • みたいムービー 10
  • みたログ 56

3.81 / 評価:16件

カプチーノは青春の味

  • パリは恋人 さん
  • 2007年3月12日 21時18分
  • 閲覧数 479
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

今はどうかしらないが、昔はグリニッチビレッジというと芸術家志向の若者の集まる街だった。
これは、そんな街に集まって明日を夢見る若者達の恋や挫折を描いた青春映画の傑作だ。青春まっただ中に見たので、他人事のようには思えなかった。

マザースキーの分身のような俳優志望のユダヤ系の主人公は、ユダヤらしくかなりのマザコン(子離れしてない母親のシェリー・ウィンタースが上手い)。念願の一人暮らしを始めて演劇学校にも通い、恋人も出来るが・・

ユダヤそのものの主人公が印象的だが、若き日の氷のような美貌のクリストファ・ウォーケンがとにかくかっこいい。仲間がみんなで集まるカフェがあって、そこでいつもカプチーノを飲むのだ。
映画を見たころは「カプチーノ」なんてどこにもなくて、一体どんな味のコーヒーなんだろうと憧れたものだ。随分たって、ようやく「カプチーノ」を飲むことが出来たときは本当に嬉しかった。
この映画は私にとっては、クリストファ・ウォーケンの美しさとカプチーノのほろ苦さの青春の味。

マザースキーは、「ハリーとトント」というロード・ムーヴィーの佳作も作ったが、最近は俳優としての仕事の方が多くなってしまった。
スコセッシと共に、ニューヨーク派の新鋭として期待されたのだけれど・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ