ここから本文です

悪魔のシスター (1973)

SISTERS

監督
ブライアン・デ・パルマ
  • みたいムービー 19
  • みたログ 188

3.27 / 評価:74件

変わらない味デパルマタッチ

  • カーティス さん
  • 2020年11月8日 22時51分
  • 閲覧数 152
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

ブライアン・デパルマ監督の初期作。向かいのマンションで起きた殺人事件を目撃してしまった女性記者が、単身事件に挑むというストーリー。

デパルマ監督が『キャリー』でブレイクする前の作品は、本作以外にも何作か見たことがあります。中には今の作風とはかけ離れた作品もあるのですが、本作に関しては正真正銘のデパルマタッチ。現時点での最新作『ドミノ』まで約50年もの間貫き通される作風の基礎がすでに完成されています。これほど長い期間作風を変えないなんて、ブレない人ですね…。そういうところが私は好きなのですが。

とはいえ、初期作なのであっさりとしていますし、粗も多いです。要所要所ではスリルを感じる場面があるのですが(死体の処理シーンや手術シーンなどなど)、緊迫感が持続しないのです。バーナード・ハーマンの音楽に助けられてる感じ。
説明台詞でべらべらとしゃべらせてしまう種明かしも興ざめで、この辺の処理は後の『フューリー』や『ミッション・インポッシブル』の方がうまかったな~なんて思ったりしました。初期作なのでしょうがないのですが。

個人的に良かったのは、犯人役のマーゴット・キダー。カナディアンフレンチ訛りの舌足らずな発音がかわいらしい一方で、殺人シーンではドスの効いた目つきで包丁を突き立ててきたりと、愛嬌と暴力性を秘めたミステリアスな女性を好演。とても印象的。スーパーマンシリーズのヒロインの印象しかなかったので、こういう役もできるんだ!?という驚きがありました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ