ここから本文です

黒い罠 (1958)

TOUCH OF EVIL

監督
オーソン・ウェルズ
  • みたいムービー 27
  • みたログ 269

3.73 / 評価:80件

クインラン警部の能力は?・・・

  • tot***** さん
  • 2016年5月30日 4時43分
  • 閲覧数 680
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

証拠捏造で無実の者を有罪にする・・・悪い警部と思っていたのに、ラストでは彼の勘どおりだったり。あれは他の件も誤認逮捕はなかったと言いたかったのか?ちょっと彼の本質が分かりにくかった。配役ではやはりO・ウェルズが異様な風貌からも目立ち、印象度では俄然主演級。クレジット主演のC・ヘストンは、大活躍ではない。ちょっとどんくさい普通の活躍でした。1.C・ヘストンの妻(J・リー)が無警戒すぎる。2.メキシコ麻薬組織たちがアホすぎる。3.C・ヘストンが新婚の割に妻をほったらかしにしすぎる。モノクロ映像は迫力あってよかったけど、この3つの“すぎる”で☆も3つでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ