ここから本文です

黒い罠 (1958)

TOUCH OF EVIL

監督
オーソン・ウェルズ
  • みたいムービー 28
  • みたログ 270

3.85 / 評価:82件

オーソン監督メキシコの黒い夜

  • どーもキューブ さん
  • 2009年5月26日 0時47分
  • 閲覧数 585
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

変わった犯罪物、伝説の「長廻し」が見たい方にお勧め。脚本監督オーソンウェルズ。隠れファンの多い本作。二回挫折した折鑑賞。視後感、コーエン兄弟の「ブラッドシンプル」な感じ。主演「ベンハー」のチャールストンヘストン。ダンディーなマッチョイズム感じるフェロモンが出てます。彼が敏腕アメリカ刑事で恋人のジャネットケイと共にメキシコに入国する。その様子を馬鹿長い長廻しから映画はスタートします、必見。彼等がメキシコである事件に巻き込まれ、そこにオーソンウェルズ率いる謎刑事群や変な住民が絡みます。昨今いろんな映画で本作冒頭の長廻しは映画技法の常套手段になってるので、ぶっちゃけピンとはこないかもしれません。しかし早すぎるオーソンウェルズの技法の披露はさすが!主演も兼ねるハンプティダンプティメタボ体型を武器にカリスマオーソンウェルズのネチルアルコール的しつこいカミギミなせりふ回しはまさしくボイスオブイーブル。悪魔の声です。美しく黒いメキシコの夜に事件はマイペースに進みます。チョイ役のマレーネデートリッヒがすごい!鉄仮面のような美貌をふりまきます超必見。追伸オーソンはことごとく編集権をとりあげられたり、フィルムが紛失、資金難になったり段々可愛そうに思えてきた。巨漢は地味にストレス太りかな?オーソンウェルズ、最近好きに変わりつつある。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ