ここから本文です

黒猫の棲む館 (1964)

TOMB OF LIGEIA

監督
ロジャー・コーマン
  • みたいムービー 2
  • みたログ 10

4.00 / 評価:5件

なんと言っても、ジェーン・アッシャー!!

  • tengu3711 さん
  • 2009年10月27日 3時48分
  • 閲覧数 297
  • 役立ち度 18
    • 総合評価
    • ★★★★★

いよいよ、マイケルの映画、公開されるみたいですなぁ・・・

その前に、「大人のロック」読んでる、ロックおやじとしては、

1966年を舞台にした「パイレーツ・ロック」観たいんですがなぁ・・

キンクスや、スペンサーデイヴィスグループが、CМでかかってました。


実は、この作品、1964年製作の、ロジャー・コーマン映画でして、

俺らが、ガキの頃、よく深夜テレビで、やってました。

脚本がロバート・タウン(これがデビュー作)なんですよ。

コノ人は、後に「チャイナタウン」の脚本で、アカデミーを受賞します。

その後も、「ベッドルームの女」とか、「ミッション・インポッシブル」を書きます。


んーなもんだから、この作品も、

ロジャーコーマンの、「ポー」シリーズの一つなんだけど、

ナニゲに、ホラーより、サスペンスの要素が強いです。

主演は、マイケルの「スリラー」で不気味なナレーションを担当したヴィンセント・プライス。

古城が出て来て、ロジャーコーマンと言えば、必ず主演はこの人でした。


原作は、題名からも、わかる様にポーの「黒猫」です。

「アッシャー家の惨劇」とか「古城の亡霊」と、同じくらいトラウマですが、

何と言っても、憶えているのは、「ジェーン・アッシャー」の美しさ。

当時、彼女は、ポール・マッカートニーの恋人だったんですよ。

ビートルズの名曲「イエスタディ」は、彼女に捧げられたものと言われています。


この作品を観ると、ポールでなくとも、彼女の魅力にウットリします。

「パイレーツ・ロック」の予習も兼ねて、懐かしく観ました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ