レビュー一覧に戻る
刑事コロンボ/二枚のドガの絵

刑事コロンボ/二枚のドガの絵

COLUMBO: SUITABLE FOR FRAMING

74

ガーディニア

4.0

やはり最後のコロンボマジック

名画泥棒は古くからのミステリーサスペンスの王道で、この作品もその一つだ。 しかしそこはコロンボ。やはりオチに一癖二癖のびっくりな仕掛けを施していた。 犯人の指紋が盗まれた絵画についていた、これだと素人、他の関係者の人の指紋がついていた、これぞミステリー、そしてさらにそのアリバイを見せた最後の最後ラスト10秒のオチ、これこそがコロンボが今まで名作ドラマと言われ続けている所以とでもいいたい。 もう一つのコロンボの楽しみ方。 1975年あたりの、憧れだった時代のアメリカの、どでかいアメ車やビバリーヒルズあたりのセレブな広い家がさりげなく楽しめる。 音楽も、たかだかワンシーンのためにショパンの楽曲をアレンジしたストリングス付きの生演奏のBGM。 当時としては当たり前かもしれないが、今にはない余裕が感じられ、CGでは出せないような、このさりげない豪華さが、今でも充分通用する名作コロンボの演出に一役買っているのだろう。

閲覧数998