刑事コロンボ/二枚のドガの絵

COLUMBO: SUITABLE FOR FRAMING

74
刑事コロンボ/二枚のドガの絵
4.2

/ 49

49%
27%
22%
2%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(17件)


  • kumaokaponkichi

    5.0

    コロンボは純情?

    コロンボを見ていて、ニヤッとしたり、ウフフと笑ったりということは割とあるんですが、この作品のある場面では大笑いしてしまいました。それは、ある画家に証言を求めに行った時、その画家は裸婦を制作中でモデルと目が合ったコロンボがすぐに下を向いて恥ずかしそうにした場面です。もう、その仕草がおかしくておかしくて、自分のツボにハマってしまいました。  ストーリーは皆さんが言われるように秀逸で、常に人気上位というのもうなづけます。

  • tat********

    4.0

    ラスト1秒がGood!

    遺産相続をめぐり叔父を殺害する。 自分を守るため、アリバイ作りをするが、アリバイにこだわり過ぎるところから、ポロポロと綻びが出て・・コロンボのアンテナに引っかかる。 ラストはちょいと強引な気もするが、最後の最後は「さすが!コロンボ」といったところ。 ーー 2020/05/21 7

  • ガーディニア

    4.0

    やはり最後のコロンボマジック

    名画泥棒は古くからのミステリーサスペンスの王道で、この作品もその一つだ。 しかしそこはコロンボ。やはりオチに一癖二癖のびっくりな仕掛けを施していた。 犯人の指紋が盗まれた絵画についていた、これだと素人、他の関係者の人の指紋がついていた、これぞミステリー、そしてさらにそのアリバイを見せた最後の最後ラスト10秒のオチ、これこそがコロンボが今まで名作ドラマと言われ続けている所以とでもいいたい。 もう一つのコロンボの楽しみ方。 1975年あたりの、憧れだった時代のアメリカの、どでかいアメ車やビバリーヒルズあたりのセレブな広い家がさりげなく楽しめる。 音楽も、たかだかワンシーンのためにショパンの楽曲をアレンジしたストリングス付きの生演奏のBGM。 当時としては当たり前かもしれないが、今にはない余裕が感じられ、CGでは出せないような、このさりげない豪華さが、今でも充分通用する名作コロンボの演出に一役買っているのだろう。

  • uso********

    5.0

    私のベストエピソード

    テレビ映画だが、初めて見たのはいつのことか。昔のことで思い出せない。しかし何度見ても飽きない。プロットのち密さと、鮮やかな逆転劇。見事に描き分けられたキャラクターは、歴代のコロンボ作品中でも屈指の配置で、のちの作品でも何度も模倣が試された。 ニセ電話詐欺や、アポ電など、お年寄りを狙った悪質な詐欺被害が後を絶たないが、原型はこの中にある。厳密には違う手口になるが、殺人事件の犯人を無知なお年寄りになすりつけようという狡猾な犯人に、きぜんと立ち向かうコロンボのしたたかさが一枚も二枚もうえで、追い詰められていく犯人から目が離せない。 『白鳥の歌』『忘れられたスター』『別れのワイン』など、お気に入りをあげる人が多いなか、私のベストエピソードはズバリこの一本。お勧めしたい作品だ。 ただし、不当捜査で告訴を取り下げられる可能性が高い。裁判になれば負けるなんて、毎度のように水野春郎さんがおっしゃってたなぁ。

  • gui********

    5.0

    勘違いとは思えない。

    以前放送された時にキムハンターの演技がなんだか大げさすぎると感じていました。「猿の惑星」の時の演技が抜けていないのかしら?とふに落ちなかったので今回は字幕で鑑賞。コロンボを字幕で観たのは初めてで・・・よほど気になっていたみたいです。そうしたらビックリしました。キムハンターはオードリ・ヘップバーンそっくりの話し方・表情・身のこなし・髪形・服装をしていました。ふだんオードリーの映画を見ていて別にとびぬけた特徴があるとは思っていなかったのでビックリ!遊び心満載です。 きっとアメリカで放送時、視聴者は大笑いしたんだろうなと妙に感心し、また 納得もしました。

  • じゅん

    5.0

    ネタバレ繰り返し見てしまう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sss

    2.0

    2014/06/11/2回目/3点、パットしない。

  • Kurosawapapa

    5.0

    シリーズ最高傑作☆刑事コロンボは不滅です

    NHKのBS放送で、今年の3月3日まで、足かけ3年に渡り、 「刑事コロンボ」「新・刑事コロンボ」全69話が放送されました。 37年前に小学生の時にハマって以来、お気に入りのシリーズを、今回ほぼ全作鑑賞することができ、報恩謝徳。 このレビューに、自分の “コロンボ愛” を込めます(^^)  (*長文です) 刑事コロンボは、ドフトエスキーの「罪と罰」の判事がモデルで、舞台劇からのスタートでした。 素晴らしさは、皆さんご存知の通り、やはり味わい深いキャラクターにあります。 よれよれのコート、メモ魔、ポンコツの愛車、飼い犬、カミさんの存在など。 また、 ●コロンボが好きなもの コーヒー、 葉巻、 アイスクリーム、 仕事、 チリビーンズ(豆抜きでもOK)、 読書 ●コロンボが嫌いなもの 飛行機、 血、 ぬるいコーヒー 他にも、自分が発見したトリビアは、 飼い犬もアイスが好き、 カミさんは歌と踊りが上手、 コロンボは拳銃を持たない、 泳げない、 春のアレルギーである、など。 そして犯人は、いつも特権階級の人物であり、その完全犯罪を打ち破るのが定番でした。 また、最大の特徴は、あらかじめ犯人を見る側に知らせ、追いつめる過程を描く “倒叙形式” にあります。 倒叙を選択した理由は、脚本家の視点から、以下の理由があったそうです。 ・刑事とともに、犯人をメインにできる ・犯人を後から確定していくパターンだと、容疑者全員に同レベルの俳優を起用しないといけなくなるが、スターは1人(犯人役)ですむ ・脚本を犯人の気持ちになって書ける また、コロンボは、よく「カミさん」と言います。 英語だと「 My Wife 」と言っているだけで、これをどう日本語に訳すかと考えた時、 コロンボは奥さんのことを誠実で愛しているけど、畏怖の念も持っている、という点から、 「カミさん」になったそう。 他にもコロンボの口癖は、 「よござんすか?」 「しっちゃかめっちゃか」 「縦から見ても横から見ても」など。 「よござんすか」なんて、アメリカ人は絶対言わないわけで、翻訳家の苦労を多々感じるわけです。 さて、「刑事コロンボ」全作品中、最高傑作がこの「二枚のドガの絵」です。 高額な絵画を相続しようと、伯父を殺害する犯人。 しかし、その動機は、元妻という相続人がいるため明らかにされず、 第2の殺人後、相続人に罪を被せるという3重の犯罪によって、本心が明らかにされます。 冒頭からコロンボの適格なツッコミに、怒りを露にする犯人。 起承転結が明瞭で、グイグイと引き込まれる展開。 「刑事コロンボ」には、 決定的証拠を得るため、コロンボが一芝居うって新しい証拠を得るパターンがありますが、 それよりも本作のように、 全てのヒントを観客に見せておいて、そこから犯人を確定させる方が、驚きと感動があります。 犯人の会話の一部であったり、些細な行動など、 途中、観客も見過ごしてしまうようなヒントを組み立て、あっと驚くような答えを導くカタルシス。 そして何といっても、本作の決めてが素晴らしい! 最後に犯人が「えっ?」と言いますが、 見る側も「えっ?」と言ってしまうほどの、圧巻の証拠! 本作は、シリーズを知らない方も、必ず満足いただける作品かと思います。 第1話の「殺人処方箋」が1967年、 第69話の「虚飾のオープニング・ナイト」が2003年。 ピーター・フォークは、40歳から76歳まで、36年間コロンボ役を勤めました。 「死者のメッセージ」という作品で、 コロンボが、大勢の前で即興のスピーチを披露する場面があります。 最後に、それを書き留めます。 === 私はこの仕事が大好きでしてね、 憂鬱になることはありません。 世界中に、犯罪や殺人犯が満ち溢れているとも思いません。 皆さんのようないい方が一杯ですし、刑事をやっていたからこそ、皆さんにもお目にかかれたわけですし。 私は人間が大好きです。 今まで出会った殺人犯の何人かさえ、好きになったほどで、、、 時には、好意を持ち、尊敬さえしました。 やったことにではありません。殺しは悪いに決まっています。 犯人の知性の豊かさや、ユーモアや、人柄にです。 誰にでもいいところはあるんです。 ほんのちょっとでもね。 これは、刑事が言うのですから、間違いありません。 失礼しました。 === 「刑事コロンボ」というドラマの真髄を表現したようなスピーチ。 コロンボは、刑事という仕事を、そして何よりも人間が大好きだったのです! コロンボよ! 永遠なれ☆ そして、ありがとう! ピーター・フォーク。

  • 真木森

    5.0

    いけ好かない評論屋に一般意志による裁きを

    ピーター・フォークが亡くなりました。彼は役者としても極めて力量のある人で、J.カサヴェテス作品に出演したのはその矜恃でしょう。しかしやっぱり彼は「刑事コロンボ」でした。それは本来は色々出来たと思われる渥美清が本当に優れたアクターであるが故に「寅さん」という畢生のキャラクターを形作り、そのイメージが強すぎてしまうのと同期です。先般故人を偲んで3作の「刑事コロンボ」が放映されましたが、その一本が本作で納得のチョイスです。あの見事な幕切れに圧倒されて「刑事コロンボ」ファンになった人は数限りないと思いますから。  私も本作を初めて見たのはまだ小学6年生でしたが、もう面白い! 幕切れもさることながら、パーティーでのスノッヴな会話(デイルのジョークは思いっきりベタで「人類万歳!」なんて失笑ものなのに、取り巻きの笑うこと全く不自然ですなあ)、絵画に関する蘊蓄、TV撮影の裏舞台、等々、さすが海外の刑事ドラマはサブストーリーもゴージャスだなあって感心しましたよ。それに出演している人達が何気に豪華なんです。金曜ロードショー枠の水野晴郎解説で初めて判明したのは、エドナを演じているのがキム・ハンターで、確かに猫背気味で目のキョロキョロしている感じは『猿の惑星』ジーラそのものですね。そしてドン・アメチーが出ていると言うことも。当時の私が『天国は待ってくれる』とかを知っているはずもないのですが、本作での登場は忘れがたく、後に『大逆転』や『コクーン』を見た時に「おお、『二枚のドガの絵』に出ていた人だ!」ってマニアな喜びを禁じ得なかったです。主役のロス・マーチンは演技上P.フォークの師匠筋だそうです。P.フォーク見たさに『グレートレース』を鑑賞していたら、「あらっ、デイル・キングストンが出ている」って随分驚いたし、この前『フォロー・ミー』の吹き替えバージョンを鑑賞したら、トポルが二代目コロンボの石田太郎、M.ファーローの夫役が本作R.マーチンを当てている西沢利明で、やけに既視感がありましたね。声優ついでで言うとドン・アメチーの声はボヤッキーの人と同じで、画商のおばさんはフネさんの声ですね。ちなみに「奥様は魔女」でサマンサ一家の隣人のおしゃべりおばさんの人が出ているそうですが、どの役の人だか判明しません。ヌードモデルをやっている子は愛嬌あって好みのタイプだなあ。  肝心の本編についてですが、これはもう何度も述べているように一刀両断の見事な結末が「天晴れ!」というしかありません。恐らくはこのエンディングがシナリオの原点にあって、そこから演繹的に作品全体を書き上げたのが本作だったものと推します。だから犯行や捜査の細部については結構ズサンな処理をしている部分も多く、そもそもデイルのアリバイ工作と電気毛布のトリックは何も触れられずに流されますし、女子大生殺しも穴がいっぱいありそうなのにあまり追求されず、むしろデイルとの交際があったか否かという点にのみ集中して描かれる。犯行方法も結構おざなりで、強盗が入ったように見せかけるため室内のものを荒らすのは「これはプロの仕事じゃありません、単にやたらめったらかきちらしているだけです」と言わんばかりの稚拙さ。そもそもエドナの家に凶器の拳銃やら証拠の包み紙やら投げ入れたり、ドガのパステルを仕込んで彼女の犯行にしようだなんて発想も大ざっさぱすぎるし幼稚ですらあります。それに警察が「必要ない」って言ってるのに執拗に食い下がって家宅捜索の必要を力説して、弁護士は「こいつが怪しいんじゃないか」と思わなかったのでしょうか。  ただしコロンボも弁護士もデイルを犯人だと疑っていて、二人とも狸寝入りのふりをして彼を誘導させたという裏目読みも出来ます。デイルは徹底していけ好かない風に描かれていて、これなら叔父さんも「あんな恩知らずの傲慢な奴には遺産など残してやらん!」って決意したのは当然かも知れません。美術評論家としての眼力もどうなのでしょうか。作中でもマシューズコレクションをツテに方々顔を売ったなんて言われていますし、単にハッタリと叔父のコレクションの威名と毒舌&阿諛追従織り交ぜた業界マキャベリズムで高名をはせた「政治屋的評論家」の臭いがします。それは関係者を道具のようにしか見ない冷血的姿勢や、すでに定評のあるものばかり賞賛して現に今作られているアートには一片の価値も認めない態度に顕著です。本作はそんな悪意の塊のようなデイルという人物に人々がそっぽを向き、堕ちるべくして堕ちるような大いなる意志が働いていたようにも見え、遅かれ早かれ彼は転落したのではないでしょうか。デイルは最後の瞬間まで自分が四面楚歌だと思っても見なかったようで、滑稽ですらあります。コロンボはそれに引導を渡す死刑台の神父。もしくは名判官大岡裁き。この見事な勧善懲悪劇に皆さん見入って下さい。

  • oce********

    5.0

    二度見返すことになる

    初期のコロンボの中では間違いなく傑作エピソードの一つ。 犯人自体はそんなに狡猾ではなく、トリックも穴が見える。 しかしこのエピソードの肝は何と言っても最後のオチの一点にある。 美術評論家が億万長者の叔父の遺産を狙って射殺。 共犯者も始末し、すべての罪を伯母に擦り付けようとする。 コロンボは盗まれた二枚のドガの絵から証拠を探し出す。 ラストの鮮やかなコロンボの動作など、9割がたはコロンボのいつもの捜査によって占められる。 だからこそ最後が際立つのだが、犯人もコロンボのしつこい捜査には嫌気がしてくる様は笑える。 「猿の惑星」のキム・ハンターや、「コクーン」のドン・アメチーなどが助演なのも何気に豪華。 ラストを見てそんなシーンあったのかよと、見返すこと確実。

  • shi********

    5.0

    爽快

    最初の方で少しだけ犯人に同情しそうになった自分にとっても腹がたった作品。愛人を利用して殺す奴に同情の余地は無し。どうやって敵を討ってくれるかを楽しみに見て期待に応えるコロンボに喝采

  • mas********

    5.0

    シリーズ中でもピカイチ

    このドラマは、シリーズ中でも最高に面白い 犯人はテレビ局に勤めてる絵の評論家で、その裏は、欲望で凶悪連続犯人で シリーズ中でも、凶悪犯人でコロンボ刑事がいつものように表れて、 細かいことにこだわる捜査で、犯人をイライラさせ・・・ 最後は、本当にあーそうか、なるほど!  とにかく面白い!

  • kuz********

    5.0

    これこそがコロンボの本道だ!

    犯人は上流階級の有名人(とはいっても人間なのでみんな同じ 欲の塊) それを平に近い警部補がネチネチ痛めつけて 最後にやっつける この犯人デイルも 財産独り占めのために 共犯者も口封じするし、 親戚の老婆に罪を擦り付けるし 最後までジタバタするし 見苦しい&極悪甚だしい。 最後にポケットから手袋に入れた手を やれやれと見せる警部のカックイイ事!! バンザイ!

  • kumiko

    5.0

    コロンボ初めて見る人は「二枚のドガの絵」

    数多くあるコロンボ作品の内、「二枚のドガの絵」が一番好きである。 完全犯罪のはずだったが、 ラストの証拠突きつけの場面では、思わず身震いがする。 うーーん、このレビューだけでは、全てのコロンボに当てはまってしまうな。 上手に書けないな。 ネタバレさせたくないし・・・・・ コロンボを初めて見る人、これから見ようという人、は、第一話から見るのではなくて、 この、「二枚のドガの絵」を見ると良い。 とっても判りやすく、凄いラストが待っている。 コロンボの楽しさ満載。 コロンボ入門に最高です。

  • jas********

    3.0

    意表をつく面白いエピソード☆3.5

    絵画のコレクターでもある叔父を殺害し、 名画を独り占めしようと企む美術評論家のエピソード。 今回のコロンボはとぼけているうえに、 ホントにしつこくて、 犯人のイライラ感がよく伝わってきます。 まさにコロンボの本領発揮、 といったキャラの魅力を感じました。 犯人の計画は少し無茶というか、 ちょっと動きすぎという感もありますが、 それが結果的に、 コロンボの告発を際立たせています。 まさに意表をつくラストで、 中々よく出来たエピソードでした。 ちなみに被害者の元奥さんは、 どっかで見たことあるなぁと思ったら、 「猿の惑星」でジーラ役をやっていた女優さんで、 そんなところも見所です。

  • どーもキューブ

    4.0

    偽装犯罪のデッサン

    今回コロンボは、美術界で有名な評論家。美術コレクターでもある容疑者が叔父のコレクションと遺産を巡り殺害、偽装。本作冒頭からチョイムカつくのが恋人と共犯するパターン。このケースなんかムカつくんですよね!綺麗な恋人もなんか容疑者の事好きなんです。(役なんで当たり前なんですが、ムカ)コロンボは被害者の部屋、コレクションをつぶさに洗います。容疑者は、テレビに出るベシャリの美術評論家で、まあ口がたつ。コロンボに強烈なカマシを言います。だいたいコロンボに楯突く容疑者はその言い様によって後、素晴らしく面白さが跳ね上がります。本作も鰻のぼりに痛快度アップ。ラストはダイィ、ドン、デン、返し(トンネルズタカサンギャグ、フルイナー)。素晴らしいフィナーレです。そして被害者の元奥様?「なんか綺麗でチャーミングなお喋り奥様だなー。どっかでみたことあるなー?」と思ったら「猿の惑星」(女性猿役?)出演。「あーちょーでてた、でてた」と連呼してしまいました。画廊の叔父さんもいい味でした。やかまし評論家対コロンボの推理!どうなることやら?追伸最近ピーターフォークが可愛く見えてきました。(イヤ!アンタ!ミスギダカラ)

  • iko********

    5.0

    実はハマって観てます

    ただいま映画鑑賞・レビューも休止中・・実は「コロンボ」にハマってます。 しかもまだ、4巻の1巻目の3枚目が終わったばっかしです。 そのため、映画鑑賞もレビューもする気になれず(基本、レビューは映画だけと決めてますので・・)、でも、お気レビの皆さんにレビューはすべてチェック拝読しておりますので。 とりあえず「コロンボ」鑑賞前半戦ですが、これまででは、この「二枚のドガの絵」が今のところイチバンですな。最後ビックリしましたもん。 スピルバーグの「構想の死角」はイマイチ・・期待しすぎたか。 以上、しょうもない近況報告でございました。 しばらくは、また”コロンボ”漬けになります。それではまた。

1 ページ/1 ページ中