ここから本文です

新・刑事コロンボ/殺意のキャンバス (1989)

COLUMBO: MURDER A SELF PORTRAIT

監督
ジム・フローリー
  • みたいムービー 2
  • みたログ 54

2.93 / 評価:15件

モデルになるコロンボ

  • npp***** さん
  • 2015年12月15日 22時25分
  • 閲覧数 622
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

退屈なメロドラマにコロンボが紛れ込んだような今回のお話。
昔の妻、今の妻、モデルの3人と一緒に暮らすマックスの人間ドラマは不要な部分が多すぎる。
マックスと殺される昔の妻だけで充分に成り立つ話だ。

昔の妻は悪夢にうなされていて、その内容をテープに録音していた。
悪夢のシーンはモノクロになっていて、シリーズとしては珍しい幻想的なシーンだが違和感を覚える。
コロンボが夢の解釈するのも好きじゃないし、こじつけに近い。

犯人マックスのドラマに時間を割いているせいか、事件の謎解きはかなり雑だ。
何回も挿入される悪夢のシーンはそんなに役立っていない。

綺麗な海の景色に救われたところは大きい。
あとコロンボシリーズの名脇役ヴィトー・スコッティが出ていたのは見逃せない!
チョイ役で事件とは関係のない役も多いが、今回は出番多め。

マックスは芸術家で、コロンボをモデルにした絵は素晴らしい出来栄え

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ