ここから本文です

刑事ニコ/法の死角 (1988)

NICO/ABOVE THE LAW

監督
アンドリュー・デイヴィス
  • みたいムービー 13
  • みたログ 431

2.94 / 評価:108件

ヘンリー・シルヴァが、観たくなってしまい

  • tengu3711 さん
  • 2011年9月10日 8時42分
  • 閲覧数 3775
  • 役立ち度 22
    • 総合評価
    • ★★★★★

お早う御座います。

昨日は、久しぶりにコスプレ・カラオケに行ってしまい、

43歳のババアメイドが、熱唱する「神様のパズル」に、逆流性食道炎が再発しました。

お局様たちのミニスカ姿は、セルライトの見本市みたいで、

おかげで、朝から全く食欲が湧きません。


さて、そんな「地獄の朝」に観た一本。「刑事ニコ・法の死角」1988年度作品。

コレ、なぜか、ブルーレイ出てるんだよね。

セガールのデビュー作ですが、個人的には、あの「ミスター・悪役」、

ヘンリー・シルバ大先生の、「顔面力」を感じたくて、観てしまいました。


考えてみると、セガール映画の悪役チョイスレベルって、すごい高いんだよね。

ヘンリー・シルバから始まって、ゲーリー・ビジー、トミー・リー・ジョーンズ、

ビル・サドラー、デニス・ホッパー、マイケル・ケイン、リー・アーメイ、

スティーブン・ラング、クリス・クリストファーソン、トム・サイズモアと・・・

草々たる顔ぶれを揃えてるあたりは、確実に「こだわり」を感じる。


あと、女優の「青田刈り」能力も、セガールは、素晴らしく良い!


このデビュー作では、ブレイク前のシャロン・ストーン、パム・グリアを使ってるし、

他にもジーナ・ガーション、エヴァ・メンデス、カミーラ・ベル、そして、

「暴走特急」では、あのキャサリン・ハイグルを姪っ子役で使っている。

いづれも、ブレイク前だ!


なおかつ、映画「死の標的」に出てきていたダニー・トレホが、約20年後に撮った

主演作「マチェーテ」では、嬉々として麻薬王を演じているセガール。

実は、「いい人」なのではないだろうか?・・・・そんな気がする。


さて、映画の方だが、流石、アンドリュー・デイヴィス監督。

久し振りに観たが、実に面白かった。

「シャーキーズ・マシーン」の殺し屋を思わせるシルバ先生の「イッチャッテル」ぶり、

最高でした・・・セガールに向かって「小僧」呼ばわりできるのは、この人だけ・・・


ラストの駐車場での銃撃戦も、すさまじい「殺し合い」だが、

やはり、ヤクを打たれ、ヘロヘロになりながらも、徳俵の上で踏ん張って、

ヘンリー・シルバ先生の首の骨をへし折る最後の爽快感!!これが映画デス!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • パニック
  • 勇敢
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ