ここから本文です

悪魔の追跡 (1975)

RACE WITH THE DEVIL

監督
ジャック・スターレット
  • みたいムービー 18
  • みたログ 138

3.61 / 評価:64件

見ぃたぁなぁ~

  • sheila E さん
  • 2009年12月20日 13時03分
  • 閲覧数 689
  • 役立ち度 18
    • 総合評価
    • ★★★★★

旅の途中、人里離れた一軒家で一晩の宿を借りる。
不審な物音に目覚め、障子の隙間からそっとのぞいてみると

化け猫が行灯の油をピチャピチャ舐めている。
或いは、山姥が鉈の刃をシャーッシャーッと研いでいる。

どちらも決まりの文句は‥ 『見ぃたぁなぁ~』
日本の怪談ですが、この作品の導入はこれです。

休暇を楽しむためキャンピングカーで旅に出た二組の夫婦。
その晩、男ふたり 車の外で飲んでいたところで

川の対岸で行われていた邪教集団の儀式を目撃してしまう。
そこそこのところでそろそろ車に戻ろうかとしたそのときに
女が裸になって踊り始めた‥ そこは男の悲しい性‥

「ラッキー」といわんばかりにその光景を楽しんでいたら
生贄にされた少女が殺されるところを目撃してしまう。
愕然となるふたり。

そのときに片方の妻が車の中から「まだ寝ないのーーーっ」と
声をかけてくる。

あせる二人「静かに!! 明かりが漏れるからドアを閉めろ!! 」と訴えるも
状況を理解していない妻は「なぁにぃ~?」とお気楽な返事。

あせりまくった夫は「静かにしろっ! ボケィ!!」と大声で怒鳴り
この大声で奴らに気付かれてしまう。。。オーマイガッ!!

お約束的な導入がややコミカルで失笑してしまいましたが
ここから始まる彼らへの執拗な追跡はなかなかの恐怖でした。

浅い川の穴にタイヤがはまり、そこから脱しようと木の枝や石を
タイヤの前に置き悪戦苦闘している間の宗教集団の追手の描き方。

ジワジワ迫り来る恐怖。
逃げても逃げても執拗にまとわりつく追手の影。

あとはほぼ全編逃避行となるワケですが
飽きることなく、時にゾォッとなりつつ楽しめた作品です。

なんとか逃れたかと思うと、そこにまた怪しい影があらわれ
やがて殺意むき出しで襲い掛かってくる邪教集団。

一日車で走っても景色が変わらないような国において
この広大な土地が逆に彼らを孤立させ閉じ込める演出の上手さ。

小さいときに見て震え上がった作品でしたが
ホラー作品を数多く観た今においてもやはり恐怖を感じました。

善人の笑顔の下に隠された黒い本性。
タイトルにある「悪魔」そのものは出てこないのであるが

この作品において「悪魔」は「人」である。
だから怖い。。。

前に観た時に結末は覚えていなかったんですが
この作品のラスト、わたし的には◎
全身のこわばりがヒュ~と抜けました。

主演はピーター・フォンダとウォーレン・オーツ。
「イージー・ライダー」は不朽の名作でしょう。

こちらの作品でもピーターはバイクに乗るシーンがあり
嬉しかったです。 足長いなぁ。。。

そして‥ ウォーレン・オーツ。
このめっちゃ男臭ぷんぷんの渋さ。

子どもの頃に観たときはウォーレン・オーツなんて
知らなかったもんなぁ。
で、かなりトクした気分でした。

地上波の深夜帯で観ましたが
深夜帯だからこそのチョイスでお宝ゲット!!!

これだから夜更かしはやめられない。。。
途中で寝ちゃうようなのも多いんですけどね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ