ここから本文です

ゲバラ! (1969)

CHE!

監督
リチャード・フライシャー
  • みたいムービー 4
  • みたログ 35

3.29 / 評価:7件

革命家の末路は哀れなのか

  • gir***** さん
  • 2019年5月1日 21時14分
  • 閲覧数 151
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

そんなに古い映画と知らずに見て、あとで1969年のアメリカ映画と知って驚いた。日本で連合赤軍の山岳ベース事件とあさま山荘事件が起きるのが1971年から1972年のこと。その時すでにこの映画はあった。
理想と現実の乖離による絶望が死ぬ前のチェにしっかり表れていた。農民が「あんたら(ゲリラ)が来て、銃声のせいで山羊が怯えて乳を出さなくなった」と語るところが印象的。「人民」を幻想で語ってはいけないというメッセージに思える。しかし、この時代チェ・ゲバラはゲリラ闘争の英雄であり、「人民の革命」の支柱として影響力を持っていた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ