レビュー一覧に戻る
拳銃貸します

拳銃貸します

THIS GUN FOR HIRE

80

bakeneko

5.0

ネタバレ猫を虐めるのは許さん!

「第三の男」等のグレアム・グリーンの“拳銃売ります”を、当時売り出し中あったアラン・ラッドとヴェロニカ・レイク主演で映画化したもので、罠にはめられた殺し屋と偶然知り合ったマジシャンの女が巨大企業の陰謀を暴いていく-“巻き込まれ型スリラー”の佳作であります。 1942年という太平洋戦争中に創られた時代色が濃厚に出ている作品で、殺し屋が手掛けた暗殺が大臣から企業エージェントに変更されている等、戦意高揚映画的側面を多々観ることが出来ます。 「シェーン」の印象が強いアラン・ラッドが猫好きの影のある殺し屋を演じて魅力たっぷりの作品で、共演のヴェロニカ・レイクも全盛期のコケティッシュな魅力を見せてくれます(オーディションステージシーンの手品付き歌唱シーンは見事です♡)。グレアム・グリーンらしい“巻き込まれ型サスペンス”で、列車の中での出逢いから、地下道、敵地潜入…と息つく間もない展開に手に汗握る作品で、警察と敵の両方から追われる緊迫感は抜群であります。 最後の“まさかのトンデモ展開”まで、80分と短い時間にコンパクトに纏まったサスペンス作品で、当時のアメリカの社会情勢も知ることが出来る映画であります。 ねたばれ? 小細工なしで素直にお金を払った方が良かったんじゃないかな?

閲覧数815