ここから本文です

拳精 (1978)

拳精/SPIRITUAL KUNG FU

監督
ロー・ウェイ
  • みたいムービー 8
  • みたログ 416

3.74 / 評価:127件

ファンタジックなカンフー映画

  • neo_rasputin さん
  • 2012年12月28日 21時52分
  • 閲覧数 575
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

当時好きな映画で何度も見直した(と言っても、殆どアクションシーンだが)。酔拳などのコミカルなカンフー映画につながるものが、この段階で既に確立していたとも言える作品。

通常ならタイトルを”五獣の拳”とでもしそうだが、ファンタジックな面を押して、”拳精”としたところも良い。

サスペンス的な要素も多分にあり、ご都合主義的な点は否めないが、色々と楽しめるものとなっている。

主となる話は、イタズラ小僧が最強の拳法を習得し、悪漢退治をするという様な話。それに、アクションを中心にした色々な要素が加わえられている。その為、飽きる事なく観終わる。

ただ、よく考えてみると、主人公の会得した”五獣拳”は最強のはずだが、ラスボスには殆ど通用しなかった。修練の差と言ってしまえば、それまでだが、ちょっと…。

因みに、当時聞いたところでは、”五獣拳”という拳法は実在しないそうである。似た様なものとして、”五形拳”(若しかしたら、”五行拳”?)という空手とかでいうところの”型”に相当するものが存在するだけらしい。

但し、鶴については、少林拳の一派に食鶴拳として存在し、龍拳も詳細は不明だが実在するらしい。その他については、委細不明乃至眉唾ものの様だ(蛇拳については実践本が出版されている。が、申し訳ないが著者が、どうにも…なので、こっちに含ませて貰った)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 勇敢
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ