ここから本文です

恋多き女 (1956)

ELENA ET LES HOMMES/PARIS IS DOES STRANGE THINGS

監督
ジャン・ルノワール
  • みたいムービー 12
  • みたログ 51

3.69 / 評価:16件

艶っぽくて雅な…

  • gar***** さん
  • 2008年7月10日 12時26分
  • 閲覧数 629
  • 役立ち度 11
    • 総合評価
    • ★★★★★

19世紀後半のパリ。恋を謳歌する美しき伯爵夫人エレナと彼女を取り巻く男たちの物語。
ロベルト・ロッセリーニとのスキャンダルで、ハリウッドを追われていた時期にバーグマンがフランスにおいて出演した作品です。
美しい映像と恋の国フランスらしい、恋愛をめぐる物語が何とも艶っぽく、雅やかでウットリとさせられます。キャストも当時40代のバーグマンが見せる円熟した女の魅力が、『カサブランカ』や『ガス灯』での瑞々しい美しさとはまた違う味わいです。
そのバーグマンを取り巻く男優陣も負けていません。特にジャン・マレーは、本当に渋い。『美女と野獣』や『双頭の鷲』で見せてくれた、絶世の美男子ぶりも素晴らしかったですが、この作品でも美中年ぶりも見事です。
カラフルな映像、酸いも甘いも噛みわけた大人たちの織りなす何ともロマンチックな映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 知的
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ